MENU TEL

ホーム > Blog

ブログ記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

急速減量法が引き起こす徴候や症状に対する予防のための認識と方法(急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になる)

2017.07.28 | Category: 減量

予防のための認識と方法

急速減量法が引き起こす徴候や症状

急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になります。

 

パーソナルトレーナーは、セッションごと、または週ごとに体重が急激に変動していないかモニタリングして見極め必要があります。

 

また、通常とは異なる行動がみられ、RWL法が実行されている可能性がある場合、トレーナーは自らの免責とクライアントの記録のために、それらの行動を文章に記録します。

 

クライアントはただ不適切な助言に従ってRWL法を実行しているだけかもしれませんが、場合によると、これらの行動は摂食障害など、より重大な心理的問題を示している可能性もあります。

 

そのため、文書による記録は、メンタルヘルス専門職や管理栄養士に照会するなど、適切な介入方法に関してトレーナーが情報に基づく決定を下すのに役立ちます。

 

格闘技競技における体重調整(水分補給状態を確認し、トレーニングによって起こる急性の体重減少、尿の色と重量オスモル濃度、ヘモグロビンとヘマトクリット値のモニタリングすることがパフォーマンスを低下させないことにつながる)

(さらに…)

急速減量法による悪影響(急速減量法(RWL)によって除脂肪組織が分解されると、安静時代謝の低下を招く恐れがあり、これは長期的な体重管理にとって逆効果となりうる)

2017.07.27 | Category: 減量

急速減量法

体重管理と急速減量法

急速減量法(RWL)によって除脂肪組織が分解されると、安静時代謝の低下を招く恐れがあり、これは長期的な体重管理にとって逆効果となります。

 

しかし、食事を通じて推奨量(RDA)を上回るタンパク質を摂取し、低カロリー食の実践中も窒素バランスがプラスに維持されるようにすると、除脂肪体重の減少を緩和するのに役立つ可能性があります。

 

加えて、週2~3回のレジスタンストレーニング、特に中~高強度(70~80%1RM)のレジスタンストレーニングを実行することも、除脂肪組織の維持に有益であると考えられます。

 

ただし、エネルギーレベルが低下するため、このような高強度を維持するのが困難な場合もあり、さらに長期的なカロリー制限は、その他の慢性的な健康問題や疾患、例えば骨粗鬆症、筋萎縮、骨密度の低下、成長および発達の異常、貧血、心臓障害、そして食欲不振などを引き起こし、極端な場合には死をもたらす可能性もあります。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

(さらに…)

急速減量法が及ぼしうる副作用(体重のわずか2%の水分喪失で、精神疲労、眠気、悪心、嘔吐、および無気力などの症状が生じうることが明らかになっており、極度の脱水状態では、暑熱関連疾患、入院、さらには死亡のリスクが高まる)

2017.07.25 | Category: 減量

急速減量法が及ぼしうる悪影響

急速減量法(RWL)

急速減量法(RWL)は、生理的、心理的に多くの影響を及ぼすことが考えられており、特に深刻な影響を及ぼしうる副作用は、重度の脱水になります。

 

体重のわずか2%の水分喪失で、精神疲労、眠気、悪心、嘔吐、および無気力などの症状が生じうることが明らかになっており、極度の脱水状態では、暑熱関連疾患、入院、さらには死亡のリスクが高まります。

 

1997年には、大学レスリング選手3名が、試合前の減量に伴う高体温症と脱水により死亡する事例が発生しています。

 

また、それほど深刻ではなくとも、脱水とカロリー制限は運動パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

 

また極端なカロリー制限は、栄養不良をもたらし、長期的にはビタミンとミネラル不足をもたらし、これらの栄養素が不足すると、毛髪や爪が乾燥してもろくなるほか、筋萎縮、疲労感、痙攣、筋衰弱、免役系の機能低下、エネルギー代謝の低下、そしてめまいなど、様々な副作用が生じます。

 

そのほか厳しいカロリー制限の下では、運動中のエネルギー源として、貯蔵されている筋タンパク質を利用す度合いが高まり、その結果、並行してレジスタンストレーニングプログラムを実行した場合に、トレーニングから得られる効果が減少する可能性もあります。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

(さらに…)

急速減量法を実施することの潜在的危険性(クライアントが健康を危険にさらしていないか見極め、適切な教育計画や方策を準備することによって、彼らが安全かつ効果的な減量を実施し、健康的な体重を長期的に維持する手助けをする必要がある)

2017.07.25 | Category: 減量

急速減量法

減量

パーソナルトレーニングのクライアントは、しばしば身体組成における目標により、短時間に大幅な、または極端な減量を実行する必要に迫られます。

 

クライアントが試合出場(総合格闘技、レスリング、ボクシング、ウェイトリフティングなど)のため、または美容目的(社交的な行事を控えている、肥満を解消したい)から、短期間に体重を減らそうと、急速減量法(RWL)法の実施に関心を示す状況にしばしば遭遇します。

 

しかし、先行研究にはRWLの統一された定義は存在しません。

 

RWL法は一般的に、低カロリーの食事と運動による減量に比べ、短期間で大きな減量効果を得るために用いられる各種の方法を指します。

 

しかし、このような減量法の多くは、安全性に問題があるだけではなく、場合によっては生命の危険さえもたらしかねません。

 

そのためトレーナーはクライアントが健康を危険にさらしていないか見極め、適切な教育計画や方策を準備することによって、彼らが安全かつ効果的な減量を実施し、健康的な体重を長期的に維持する手助けをする必要があります。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

(さらに…)

パワーパフォーマンス向上のための長期的なクレアチンモノハイドレートの利用(典型的なローディング期は、クレアチン20g(体重1㎏当たり約0.3g/日)を4等分し、1日4回およそ5日間にわたり投与する)

2017.07.23 | Category: サプリメント

クレアチンモノハイドレート

クレアチンとは

クレアチンモノハイドレート(いわゆるクレアチン)は、高強度エクササイズの能力増強を目指すアスリートが入手できる、最も効果的なサプリメントになります。

 

アスリートがトレーニングをして向上させる必要のある身体特性の多くは、クレアチンの補給によって強化できます。

 

彼らがトレーニングの目標としているのは、筋力とパワーの向上、そして除脂肪体重の増加になります。

 

クレアチンがトレーニングによってもたらされるこれらの特定のスキルや特性の適応を増強することは、すでに多くの科学的研究によって明らかにされています。

 

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)に因るとされる)

(さらに…)

パワーパフォーマンスとカフェイン(カフェインの血漿濃度は摂取後約60分でピークに達するため、試合あるいは高強度トレーニングのおよそ1時間前にカフェインを摂取することが適切になる)

2017.07.21 | Category: サプリメント

パワーパフォーマンス

パフォーマンスとカフェインの関係

パフォーマンス(ウィンゲートテスト中の発揮ピークパワー)に対するカフェイン摂取の影響を調査した研究では、被験者のトレーニングステータスによって説明できると思われる同様の結果が明らかとなりました。

 

例えば、カフェイン摂取がパワーパフォーマンスを改善しないことを示した研究もありますが、それらはレクリエーションレベルのアスリートを対象に行われた研究になります。

 

競泳選手を対象にカフェインの摂取(250mg)の効果を調べた研究では、100mのスプリントを反復する間のスプリントタイムが平均3%向上しました。

 

カフェインの摂取とパワーパフォーマンスに関する諸研究を総括したHoffman&Stoutは、カフェインがパフォーマンスに利益をもたらすとするなら、それはおそらく鍛錬者のアスリートに対してであると述べています。

 

カフェインがパフォーマンスに増強効果をもたらすとするなら、高度なトレーニングを積んだアスリートにおいて、最も効果が高いとされています。

 

栄養ドリンクと競技パフォーマンス(Red Bullは、注意力を向上させることにより、選択的反応時間や集中力や記憶力を向上、認知的パフォーマンスを改善させる)

(さらに…)

カフェインとパフォーマンス(カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性がある)

2017.07.20 | Category: サプリメント

カフェイン

反応時間とアジリティ

カフェインの摂取が最大筋力に及ぼす影響はわずかですが、カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性があります。

 

過去数十年間に行われた研究は、単純な手の運動を使って、カフェインが刺激に対する反応時間に及ぼす効果を調べたものに限られていますが、研究結果からは、カフェインのプラスの効果が認められました。

 

反応時間と関係のあるもうひとつの分野はアジリティになります。

 

アジリティは爆発的な減速と方向転換、および再加速の能力と定義される、スピードと反応時間が関与するスキルになります。

 

カフェイン摂取により筋肉痛・炎症を抑制し回復を促す(筋肉の最大収縮における疼痛を有意に軽減、炎症時に分泌されるアデノシンをカフェインがブロックすることで疼痛が軽減される)

(さらに…)

回復のためのサプリメント(BCAAを毎日摂取した被験者は、レジスタンストレーニング中も終了後もテストステロン濃度が有意に高く、コルチゾールとクレアチンキナーゼの濃度が低くなった)

2017.07.19 | Category: 栄養学

回復のためのサプリメント

BCAAと回復

Shimomuraらの報告によると、非鍛錬者の女性被験者において、スクワットエクササイズの前にBCAA(100mg/㎏)を摂取した場合には、プラセボとは対照的に、スクワット後の筋痛が緩和されました。

 

同じ研究において、プラセボを摂取した女性被験者は、スクワットによるワークアウトの2日後に行った随意最大等尺性筋活動において、下肢の発揮筋力が低下したことが報告されています。

 

対照的にBCAA群の被験者は、随意最大等尺性筋活動の力発揮にあまり大きな低下はみられませんでした。

 

したがって、エクササイズの前にBCAAを摂取した被験者に比べ筋痛が少なく、またレジスタンスエクササイズの2日後の等尺性筋力はより大きくなりました。

 

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

(さらに…)

タンパク質摂取の重要性(BCAAは安静時およびレジスタンスエクササイズ後の骨格筋において、翻訳開始(タンパク質の合成調節の重要段階)にかかわる様々な酵素を活性化することによって同化効果を有する)

2017.07.18 | Category: 栄養学

タンパク質

タンパク質摂取と回復

運動後のタンパク質の合成を増進することは回復の重要な要素であると考えられています。

 

研究によるとレジスタンスエクササイズの後、40gの必須アミノ酸を摂取すると、40gの混合アミノ酸(必須アミノ酸21.4gと非必須アミノ酸18.6gを含む)と同程度に、タンパク質の合成を促進できることが証明されています。

 

 

換言すれば、単にタンパク質の合成を促進することだけが目的であれば、必要なのは必須アミノ酸だけであることが明らかになりました。

 

別の研究によると、レジスタンスエクササイズの後、わずか6gの必須アミノ酸を35gの糖質(スクロース:ショ糖)とともに摂取すれば、タンパク質の合成を効果的に促進できたと報告されています。

 

後続研究では、6gの必須アミノ酸は糖質を摂取しなくても、効果的にタンパク質の合成を促進することが明らかになっています。

 

必須アミノ酸の中のバリン、ロイシン、イソロイシンは分岐鎖アミノ酸(BCAA:Branched-Chain Amino Acids)ですが、とりわけロイシンは、タンパク質の分解抑制と合成促進に関して最も重要とされています。

 

BCAAはタンパク質を豊富に含む食物からも摂取できますが、サプリメントの形でも摂取できます。

 

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

(さらに…)

回復促進のためのサプリメントとは(筋グリコーゲンが枯渇すると、アデニンヌクレオチドが減少し、筋のホスホクレアチンの分解が促進され、最終的に疲労が増大する)

2017.07.17 | Category: 栄養学

回復促進のためのサプリメント

 Recovery supplement

運動からの回復能力

アスリートにとってきわめて重要な分野は、運動からの効率的な回復能力になります。

 

運動からの回復には、多くの生理学的また心理学的な変数がかかわります。

 

以下に挙げられる生理学的回復の3つの領域に、明らかに明らかに影響を及ぼすサプリメントが焦点があてられます。

 

  • ・運動後の筋グリコーゲンを補充する。
  • ・運動後のタンパク質の合成を増進する。
  • ・筋痛を軽減する(適切な水分補給も回復にとってきわめて重要)。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

(さらに…)

サプリメントとしての重炭酸ナトリウム(重曹の補給(0.3~0.49g/kgを投与)は、短時間の高強度エクササイズのパフォーマンスとトレーニングを向上させる)

2017.07.14 | Category: 栄養学

重炭酸ナトリウム

 Sodium bicarbonate athlete

重曹と血液緩衝能

重曹は血液緩衝能の増進を目的に使用される制酸薬(アルカリ化物質)になります。

 

高強度エクササイズが乳酸の産生を増大させ乳酸は血液と骨格筋の細胞質のph(水素イオン指数)を低下させます。

 

重曹は緩衝剤に分類され、重曹の補給の有効性は、科学的論文で議論されています。

 

もし重曹の補給が効果的であるとすれば、それはおそらく、持続時間の長い高強度運動(例えば、100%ピークパワー以上の大きな力を少なくとも2分間発揮する)か、または複数回の高強度エクササイズと最小限の回復時間で構成されたワークアウトを行うときであるとされています。

 

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

(さらに…)

睡眠に関するアスリートの認識の向上の重要性(睡眠に関する認識の向上は、認知的パフォーマンスと身体的パフォーマンスのどちらとも関連しており、競技パフォーマンスにとって重大な意味を持つ)

2017.07.13 | Category: 睡眠

結論

sleepathlete

アスリートの回復方法

エリートアスリートは、トレーニングや試合からの最も効果的な回復方法を絶えず探しています。

 

生理学的および心理的回復を促す実用的介入として、睡眠衛生方策による睡眠(量と質)の改善が挙げられます。

 

しかし、睡眠は回復の重要な側面であるとみなされているにも関わらず、エリートクラスの競技における実戦方法の情報は、他の回復方法と比べて多くありません。

 

筋肉をつけるためにはどれだけ睡眠をとる必要があるか?

(さらに…)

トレーニング後の適切な回復と睡眠(冷水浴とコンプレッションウェアは、筋痛、炎症、疼痛を減少させて、睡眠の質の改善に役立つ可能性がある)

2017.07.12 | Category: 睡眠

試合からの回復

睡眠と試合からの回復の関係

トレーニング後の適切な回復と睡眠

トレーニングセッション後の適切な回復は、心理的および生理的プロセスの修復を促進させることが報告されています。

 

そしてこれらのプロセスは睡眠の改善に貢献する重要な因子になります。

 

最も多く用いられている回復方策の2つ、すなわち冷水浴とコンプレッションウェアは、筋痛、炎症、疼痛を減少させて、睡眠の質の改善に役立つ可能性があります。

 

睡眠と脳(睡眠不足は交感神経活動の亢進とともに血糖調整機能の低下、食欲抑制作用レプチンの分泌量が低下)

(さらに…)

仮眠の生理学的側面(仮眠には「Postlunch dip(昼食後のパフォーマンス低下)」の低下を減らす効果がある)

2017.07.11 | Category: 睡眠

仮眠

仮眠を取る重要性

仮眠の生理学的側面

Waterhouseらは、仮眠が生理学的側面でも知覚面でも効果的であることを示しましたが、時間を30分程度に限定して、午後の遅い時間帯は避けるべきであるとしました。

 

仮眠には「Postlunch dip(昼食後のパフォーマンス低下)」(昼食後の時間帯に感じられる眠気に伴うパフォーマンス低下の低下)を減らす効果があります。

 

筋肉をつけるためにはどれだけ睡眠をとる必要があるか?

(さらに…)

睡眠の推奨基準(1日に4~6時間のトレーニングを実施するエリートアスリートには、10~12時間の睡眠時間が必要になる)

2017.07.10 | Category: 睡眠

睡眠の推奨基準

アスリートにおける睡眠の推奨基準

睡眠の量

一般的に、アスリートは1日あたり最低7~9時間の睡眠が必要であるといわれています。

 

しかし、これには個人差があり、また高負荷トレーニングや試合のストレスから回復と修復を促すには、より多くの睡眠時間を必要とします。

 

例えば、青少年アスリートが高負荷トレーニングを実施する場合は、1日10時間の睡眠を必要とすると考えられます。

 

しかし、Scottらによると、1日に4~6時間のトレーニングを実施するエリートアスリートには、10~12時間の睡眠時間が必要になると述べています。

 

いずれにせよ、アスリートが翌日眠気を感じずに、機敏でいられる睡眠時間を確保することが適切なアプローチとなります。

 

睡眠と脳(睡眠不足は交感神経活動の亢進とともに血糖調整機能の低下、食欲抑制作用レプチンの分泌量が低下)

(さらに…)

ページトップ