MENU TEL

ホーム > Blog > 栄養学 > 格闘技競技における体重調整(水分補給状態を確認し、トレーニングによって起こる急性の体重減少、尿の色と重量オスモル濃度、ヘモグロビンとヘマトクリット値のモニタリングすることがパフォーマンスを低下させないことにつながる)

ブログ記事

格闘技競技における体重調整(水分補給状態を確認し、トレーニングによって起こる急性の体重減少、尿の色と重量オスモル濃度、ヘモグロビンとヘマトクリット値のモニタリングすることがパフォーマンスを低下させないことにつながる)

2016.06.04 | Category: 栄養学

格闘技競技における体重調整

格闘技競技における体重調整

体重調整の方法

格闘技競技で慣例となっていることの一つに、体重調整の方法として選手が短期および長期の水分制限に依存する傾向があります。

 

この点を考慮すると、トレーニング前、トレーニング中およびトレーニング後に水分補給を推励するトレーニング分化を広めるために、コーチやアスリートの教育に重点を置く必要があります。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

飲水パターンをモニタリングする有効性

コーチと選手の認識を変えるためには、水分補給状態の定期的で簡単な測定(トレーニングによって起こる急性の体重減少、尿の色と重量オスモル濃度、ヘモグロビンとヘマトクリット値のモニタリングなど)を行ない、習慣的な飲水パターンをモニタリングすることが有用な教育ツールになります。

 

プロボクシングを例にとると、計量と試合の間には通常24時間以上の時間があるため、計量直前の数時間に意図的な水分制限により減量することは、健康とパフォーマンスの低下にそれほど大きな問題とはならないとされています。

 

しかし、このような減量方法は、選手の安全と適切なエネルギーおよび水分の補給を確実に行うために、適切な資格を有する専門的スタッフによる監視が必要になります。

 

長時間の運動中に筋グリコーゲンの減少がもたらすもの(遊離カルニチンの利用可能量はそれほど劇的に減少しないため、長鎖脂肪酸はより速くミトコンドリア内に輸送され酸化される)

 

運動と食事摂取における代謝調節の概要(65%VO2max’(最大酸素摂取量)以上の強度では、CHOの利用率が圧倒的に高いのに対し、脂質の酸化が減少する)

 

引用・索引Badet C and Quero F,The in vitro effect of manuka Honeys on growth and adherence of oral bacteria Anaerobe 17:19-22.2011


ページトップ