MENU TEL

ホーム > Blog > 水分補給 > 水分補給をする際の飲料(スポーツドリンクを飲ませると、胃の不快感を訴える選手がおり、これは、多くのスポーツドリンクに果糖が含まれていることと関連している)

ブログ記事

水分補給をする際の飲料(スポーツドリンクを飲ませると、胃の不快感を訴える選手がおり、これは、多くのスポーツドリンクに果糖が含まれていることと関連している)

2016.06.06 | Category: 水分補給

選手に与える飲料

選手に水分補給の際に与える飲料

スポーツドリンク

水分補給に関して検討すべき点として、選手に与える飲料があります。

 

スポーツドリンクを飲ませると、胃の不快感を訴える選手がおり、これは、多くのスポーツドリンクに果糖が含まれていることと関連しています。

 

しかし、スポーツドリンクは、スポーツをする選手にとってメリットがあり、それは、塩分、糖質、水の3つの栄養素が含まれていることです。

 

発汗率と至適水分状態(発汗率2.5㍑/hの選手が、胃の不快感なしに、無理なく水分摂取を行うとすると、約50%(1.2㍑/h)しか補給できない)

プレー中の水分補給

またスポーツドリンクには味がついているため、プレー中の水分摂取量が増える可能性もあります。

 

要するに、いつ(プレースケジュールや現在の水分状態に応じて)、何を(嗜好と熱痙攣の羅患歴に応じて)、どれだけ(発汗率に応じて)飲むかを定めた、個人の水分補給計画を作成することが重要になります。

 

また、電解質、エネルギー、水分補給を行うのに適したタイミングは、ほとんどの場合が試合間に行われる食事になります。

 

例えば、食事に塩分が多く含まれていれば、塩化ナトリウムを補給するためにスポーツドリンクを摂取する必要がなくなります。

 

しかし、試合やトレーニングが3時間以上におよぶ場合などは、スポーツドリンクを摂取する必要があります。

 

これらのことを考慮し、複数の試合に出場し、休息時間が短く、まともな食事量を確保できない場合は、試合前、中、後に、スポーツドリンクを飲ませる必要があります。

 

熱痙攣を起こしやすい選手の場合は、先述のガイドラインに従って、スポーツドリンクに塩を追加する必要があります。

 

水分補給計画を作成した後、重要なことは、試合前、中、後に様々な手段によって安全なTc(深部体温)を維持することです。

 

暑熱と水分補給に関する考察(栄養素が代謝される際、放出されるエネルギーのほとんどは耐熱となり、運動強度が高いほど多くの熱が産生される)

 

フィールド環境で水分補給状態を確認する尿比重測定(尿比重が1.020以下であれば体水分状態は正常である)

 

引用・索引Armstrong LE,Ganio MS Casa DJ,Lee EC,McDermott BP,Klau JF,JimenezL,Le Bellego L,Chevillotte E,and Lieberman HR Mild dehydration affects mood in healthy young women,J Nutr142:382-388.2012


ページトップ