MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

ブログ記事

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

2016.06.24 | Category: トレーニング

スピード、加速、アジリティ

スピード、アジリティ、加速テスト

スピード、加速、アジリティのテストとは

スピード、加速、およびアジリティのテストは、競技によって異なります。

 

40ヤードスプリントは直線スピードの測定方法として広く用いられていますが、受傷リスクを伴うことから、加速テストにはほとんどのチームが10および20ヤードスプリントを用いています。

 

1年のどの時期に当たるか、また選手達のやる気やコーチ陣の意向にもよりますが、ときには10/20ヤードのテストを1,2回行うこともあります。

 

方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが、全競技を通じて用いられています。

 

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

有酸素性能力テスト

ほとんどの競技、特に無酸素性パワーを用いる競技では、持久力と有酸素性能力のテストを実施していませんが、一部の競技コーチは、有酸素性能力テストの実施とモニタリングを自身で行っています。

 

バレーボール、サッカー、および女子バスケットボールチームでは、「ビープ」テスト(20mシャトルラン)を好んで実施しており、また、サッカーチームは男女とも、今なお1マイル走や「クーパー」テストを行っています。

 

オフシーズンは回復かそれとも準備か?(プレシーズンへ向け、筋サイズや筋力の低下、筋の動員パターンにおける神経系の低下を防ぐトレーニングが重要になる)

 

引用・索引Strength&Conditioning Journal Volumes33 Numbers2 pages36-38


ページトップ