MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > S&Cコーチの役割(S&Cコーチは、競技コーチを手助けし、彼らが指導する各競技において重要な身体的特性を最も評価できるテストプロトコルを作成しなければならない)

ブログ記事

S&Cコーチの役割(S&Cコーチは、競技コーチを手助けし、彼らが指導する各競技において重要な身体的特性を最も評価できるテストプロトコルを作成しなければならない)

2016.06.25 | Category: トレーニング

コーチの役割

ストレングス&コンディショニングコーチの役割

S&Cコーチの役割

S&Cコーチは、競技コーチを手助けし、彼らが指導する各競技において重要な身体的特性を最も評価できるテストプロトコルを作成しなければなりません。

 

テストにはそのほか、選手またはチームの長所短所を特定する、プログラムデザインを評価する根拠となる、選手やチームの向上の程度を明らかにする、トレーニングプログラムに正の強化(行動に報酬を与えてその行動を促すもの)として作用する、また、選手やチーム、コーチングスタッフに動機付けを与えるといった効果があります。

 

S&Cコーチはトレーニングプログラムとテストを関連づけ、その上で、テスト結果を各競技の目標達成に役立てるための系統立ったアプローチを提供できなくてはなりません。

 

テストを考える(垂直跳びテストでは、下半身の爆発的パワーを測定することにより、期分けトレーニングプログラム最大の目標である、パワーの向上を評価する)

1RMテストの重要性

筋力の具体的な測定値を得たい場合は、競技種目にかからわず、トレーニングと経験を積んだ選手に限って、1RMテストを課します。

 

その理論的根拠は、選手たちはプログラムを最大努力で行うように常に指導されているからであり、3RMや5RMは最大下努力に相当するものであり、適切なトレーニングと指導を受けている選手に誤ったメッセージを送ることになりかねません。

 

1RMを用いるもう一つの理由は、選手がその重量を挙上できるかできないか、結果はそのどちらかであり、1RMに変換値や推定値は存在しません。

 

複数レップを用いたテストは、1レップのテストに比べて、リフティング技術が崩れることが多いことも指摘されています。

 

スクワットテスト(フロント、バック、およびオーバーヘッドスクワットは、筋力プログラムの基盤となるものである)

 

引用・索引Strength&Conditioning Journal Volumes33 Numbers2 pages36-38


ページトップ