MENU TEL

ホーム > Blog > ストレッチング > 柔軟性と可動性の比較(可動性とは本来「全身的な概念」であることから、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存している)

ブログ記事

柔軟性と可動性の比較(可動性とは本来「全身的な概念」であることから、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存している)

2016.07.07 | Category: ストレッチング

柔軟性と可動性の比較

柔軟性と可動性の重要性

一般的な可動性の測定

一般的には、可動性は比較的容易に測定できますが、実際の制限や障害の原因を把握するためには追加的なスクリーニングが必要になります。

 

筋力強化を考えた場合のセット間ストレッチの活用(活動中の筋に乳酸、水素イオン、ナトリウムイオンとリン酸の蓄積をもたらし、エクササイズに対する成長ホルモン(GH)の応答に重要)

柔軟性と可動性の比較

[table id=107 /]

 

これらの違いを正しく理解すると、青年期および高校生アスリートの可動性トレーニングのあらゆる取り組みにおいて重要な、3つの基本的特徴が明らかになります。

第一

第一に、「ある可動性トレーニングがすべてのアスリートに有効であるとは限らない。」ということです。

 

若年アスリートの個人差は幅が広く、各自の特徴が異なるため、アスリートに特異的ではないプログラムは非実践的であり、ほぼ効果がありません。

 

したがって、可動性プログラムは、成長期のアスリートに最大の利益をもたらすように、少なくともある程度は特別に作成しなければなりません。

第二

第二に、「思春期の真っ最中のアスリートは、身長や体重の急速な変化を経験しているため、実質的に常に目標が変化している」、したがって、プログラムは単にアスリート個人に特異的であるだけではなく、発達中のアスリートに合わせて絶えず変化させなければなりません。

 

最も有益な時期を過ぎても更新されないプログラムは、急速に使い古され効果がなくなります。

第三

第三に、「可動性とは本来全身的な概念である」ことから、その向上は、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存しています。

 

したがって、可動域ドリルは全身のウォームアップとして実施すべきですが、若年アスリートの適切な運動パターンの形成と強化に役立つように、セッション中には適切な姿勢や体位を調節するための簡単な手がかりを与えることが重要になります。

 

ストレッチの生理学的作用(受動的なストレッチを10分行うと速筋である指伸筋のAkt活動が有意に増大し、機械的張力が、速筋線維内のAktを活性化する仕組みに関わる可能性がある)

 

引用・索引Bachele T and Earle R,eds,Essentials of Strength Training and Conditioning.Champaigh,IL,Human Kinetics,2008 397-402


ページトップ