MENU TEL

ホーム > Blog > ストレッチング > 足関節の可動性(足関節可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になる)

ブログ記事

足関節の可動性(足関節可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になる)

2016.07.20 | Category: ストレッチング

足関節の可動性

足関節の可動性

足関節の可動性(AM:ankle mo-bility)

足関節の可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になります。

 

アスリートは、スプリント、スクワット、ジャンプ、投てきなど多くの競技活動で相当大きな背屈可動域が必要になります。

 

AMが不足しているアスリートは、十分な「深さ」を達成するために腰の屈曲で代用するため、脊椎を危険にさらす可能性があります。

 

若年アスリートに特異的な疾患として、オスグットシュラッター病になる可能性があります。

 

運動前の可動性ドリルの有効性(可動性ドリルを取り入れることにより、アスリートは、より高強度の運動における新しい運動方策を素早く応用し獲得することが容易になる)

脚部筋力と固有感覚を鍛える簡単な方法

徐々にAMを改善し、脚部筋力と固有感覚を鍛える簡単な方法は、単に、様々な運動を靴を履かないで行なうことがあげられます。

 

乳児は生まれて1年の間、通常、数々の動作にかかわる器用さを身につけます。

 

この間、ベビーシューズを習慣的に履くことはなく、むしろ例外になります。

 

数年後には、子どもは最新型の運動靴を履いているにもかかわらず、偏平足、足底筋膜炎、そして動きの悪い足関節をもつようになります。

 

素足でのトレーニングは、靴が提供するサポートや防御のために長い間使わなかった筋群を再び活性化するために有益になります。

 

青少年アスリートにおける可動性ウォームアップの様式(最小限の時間で最大の利益を提供するドリルやその他のトレーニング刺激を選択することが重要になる)

 

引用・索引Bachele T and Earle R,eds,Essentials of Strength Training and Conditioning.Champaigh,IL,Human Kinetics,2008 397-402


ページトップ