MENU TEL

ホーム > Blog > ストレッチング > 胸椎の可動性(胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠にであり、TSMの制限と肩のインピンジメントは、慢性腰痛と関連づけられている)

ブログ記事

胸椎の可動性(胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠にであり、TSMの制限と肩のインピンジメントは、慢性腰痛と関連づけられている)

2016.07.17 | Category: ストレッチング

胸椎の可動性

胸椎の可動性

胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)

通常、腰椎の過度の可動性には問題(コアの不安定性)があるとみなされていますが、適切な胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠になります。

 

TSMの制限と肩のインピンジメントは、特に肥満の人において、慢性腰痛と関連づけられてきました。

 

TSMに取り組む間、胸部の伸展と回旋に対して、大きな関心を払うべきであり、大多数の現代人は着座している時間が極端に長いため、結果的に、日常生活では胸部を屈曲させるほうがはるかに多いからです。

 

したがって、この様式の大多数のドリルでは、上腕の水平外転、外旋、屈曲を大いに活用すべきであり、それらのすべてが肩甲骨の下制と内転に好影響を及ぼします。

 

若年アスリートでは四つ這いでの回旋ドリルなどが、股関節部の安定性を強化しつつTSMを促進するのに有益になります。

 

運動前の静的ストレッチ(力の発揮において、筋腱単位:MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させる)

肩甲帯の安定性

肩甲帯周囲の不十分な筋機能は、肩に痛みのある人ほぼ全員に認められます。

 

僧帽筋中部と下部および前鋸筋の動員が不十分なアスリートは、大抵小胸筋も短く柔軟性に欠けます。

 

これらが合わさって、姿勢の悪さ、代表的な例として肩甲骨の前方突出の原因となります。

 

このような悪い姿勢は、通常、静的にも動的にもみられ、肩甲骨の前方突出は、肩甲上腕関節と肩鎖関節の望ましい動きを損ないます。

 

肩甲骨の内転を促進する手段として、肩甲骨のウォールスライドのような簡単なドリルが効果的になります。

 

青少年の柔軟性エクササイズ筋骨格(運動前の最適なウォームアップでは、自体重のかかる多関節運動に焦点を合わせ、可動域全体を使って徐々に動的な運動へとアスリートを誘導する必要がある)

 

引用・索引Bachele T and Earle R,eds,Essentials of Strength Training and Conditioning.Champaigh,IL,Human Kinetics,2008 397-402

ページトップ