MENU TEL

ホーム > Blog > 青少年トレーニング > 筋骨格系能力の望ましい特性を統合する(MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要がある)

ブログ記事

筋骨格系能力の望ましい特性を統合する(MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要がある)

2016.07.30 | Category: 青少年トレーニング

筋骨格系の望ましい特性を統合する

筋骨格系能力の統合について

MSFトレーニングの実施拡大に向けてた取り組み

重要なこととして、MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要があります。

 

このような情報を基にトレーニングプログラムを改良することは、高校に上がっても競技活動を続ける、比較的少数の青少年のパフォーマンスや傷害予防にとって有益であるだけではなく、MSFの向上がもたらす健康増進効果の恩恵を受けるすべての青少年にとって有益になります。

 

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

MSFの子ども達への提供

さらに楽観的な予測としては、特の幼少の早いうちからMSF向上の取り組みを強化すれば、スポーツ、体育、および健康を増進する身体活動に幼少期から参加し、それらに成功する機会を、すべての子どもたちにより多く提供することになります。

 

したがって、当然目指すべきは、身体と心理面の望ましい発達を促進し、それによって、成功できず自分の能力に自信がもてないと活動をドロップアウトせず、自身の目標(競技や健康など)を追求し続け、達成できる子どもを増やすことになります。

 

青少年における筋力、パワー、および持久力(青少年における内分泌の応答、生物学的年齢、トレーニング状況、形態学的要素(レバーアーム長など)といったその他の発達因子は、計画されたトレーニングプログラムの性質を根本から変化させる)

 

引用・索引Strength&Conditioning Journal Volumes35 Numbers3 pages77-88


ページトップ