MENU TEL

ホーム > Blog > 青少年トレーニング > 適応経路としてのコーディネーションのレベルを上げる(コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる)

ブログ記事

適応経路としてのコーディネーションのレベルを上げる(コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる)

2016.09.03 | Category: 青少年トレーニング

適応経路としてのコーディネーションのレベル

神経筋系適応お考えるコーディネーションのパターン

コーディネーションのレベルを上げる

コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる。

 

多様化する理由は、様々であり、例えば、個人に合わせた指導の差異や、課題の要求の変化、発育、神経の適応のほか、関節、筋群、個々の筋、および筋内レベルで数千にのぼる自由度のコーディネーションと制御能力を発達させること伴う複雑さなどが原因となります。

 

運動発達の文献において、この複雑さは、初めのうちは課題(初歩的な移動系および打撃系動作)のコーディネーションと制御能力にかかわる問題になります。

 

さらにそこへ様々な質量の装置や用具(打撃用具、ボール、バー、ウェイトなど)、および動作速度の変動が加わると、たたでさえ困難な課題は一層複雑さを増し、レベルの高いスキルを発達することが難しくなります。

 

青少年全般(5~18歳)に推奨されるべきトレーニングの種類と強度の議論(あらゆる種類のMSF(筋骨格系能力)トレーニングが青少年に有益であるという、統一された明確なメッセージが発せられないのは、様々な問題が文献で十分に考察されていないことに関連している)

運動発達とMSFトレーニングの全般的な用語と類似性と共通性

[table id=108 /]

 

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

 

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009

ページトップ