MENU TEL

ホーム > Blog > 青少年トレーニング > 多関節のコーディネーションの発達(機能的な競技パフォーマンスの発揮に重要な最高レベルの基本的動作パターンの発達には時間がかかること、そしてその発達は「一夜にして」起こるものではないことを理解する必要がある)

ブログ記事

多関節のコーディネーションの発達(機能的な競技パフォーマンスの発揮に重要な最高レベルの基本的動作パターンの発達には時間がかかること、そしてその発達は「一夜にして」起こるものではないことを理解する必要がある)

2016.09.02 | Category: 青少年トレーニング

多関節のコーディネーションパターンの発達

多関節のコーディネーションの運動パターン

多関節のコーディネーションパターンの発達とは

多関節のコーディネーションパターンの発達には様々な「段階」があること、そして、青少年の多くは経験や適切なトレーニングが不足しているため、最高の発達レベルの動作は発揮できないことを理解しなければなりません。

 

豊富な知識を有し、動作の発達の漸進について十分に理解している専門職であれば、青少年がこれらの動作スキルにおいて、効果的、またはレベルの高い動作パターンを発揮できる場合もあれば、できない場合もあることが理解できます。

 

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

機能的な競技パフォーマンスの発揮

また、機能的な競技パフォーマンスの発揮に重要な最高レベルの基本的動作パターンの発達には時間がかかること、そしてその発達は「一夜にして」起こるものではないことも理解できます。

 

青少年の体力向上の多様な側面について広く深い知識をもつことは、個人の身体および認知の発達レベルとトレーニング経験に見合った上で行なうことが重要になります。

 

したがって、青少年の全年齢層にわたり、発達に見合った体力向上の漸進を処方するにあたっては、MSFと動作スキル向上の統合性性質について、発達的見地から考察する必要があります。

 

筋骨格系能力の望ましい特性を統合する(MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要がある)

 

引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009

ページトップ