MENU TEL

ホーム > Blog > プライオメトリックトレーニング > 伸張反射と年齢(伸張反射をコントロールする中枢機関は思春期前までに成熟しているが、機械的に引き起こされる伸張反射は子どもの年齢に伴って増加する)

ブログ記事

伸張反射と年齢(伸張反射をコントロールする中枢機関は思春期前までに成熟しているが、機械的に引き起こされる伸張反射は子どもの年齢に伴って増加する)

2016.08.22 | Category: プライオメトリックトレーニング

伸張反射と年齢

伸張反射と年齢

伸張反射と年齢と成熟レベル

伸張反射による増強は、年齢や成熟レベルに関係があることが観察されています。

 

Grossetらは、思春期前の子どもにおける反射興奮性の発達を観察するための実験を行い、彼らは、伸張反射をコントロールする中枢機関は思春期前までに成熟しているが、機械的に引き起こされる伸張反射は子どもの年齢に伴って増加すると考えました。

 

Linらの研究によると、伸張反射の単収縮時間は成長に伴い向上するが、その後さらに年齢が上がると再び徐々に増加に転じることを明らかにしました。

 

この増加は、感覚運動経路の成熟によるものであると考えられます。

 

成長と成熟におけるSSCの増強作用(注意すべき点として、子どもの暦年齢よりも、むしろ生物学的年齢に注意を払うことが重要になる)

伸張反射の発達の要因

伸張反射の発達に寄与すると考えられるその他の要因は、おそらく筋紡錘の感度の向上および(または)筋紡錘のγ運動ニューロンの興奮の増加になります。

 

また、子どもの伸張反射と筋のスティフネスの変化を観察したGrossetらは、反射の振幅と活動中の筋のスティフネスには相関相関があるため、成熟するにつれて低下する筋の弾性特性(および筋のスティフネスに関連する特性)が、伸張反射の発達の主な要因であることを示唆しました。

 

プライオメトリックトレーニングの重要性(ストレッチ・ショートニング・サイクルは神経、筋の機能改善に伴う爆発的パワーの向上により、多くの種目の競技パフォーマンスに影響を与える)

引用・索引Strength&Conditioning Journal35 Numbers3 pages77-88


ページトップ