MENU TEL

ホーム > Blog > プライオメトリックトレーニング > プライオメトリックトレーニングの3つの結論(第一は、ばらつき、すなわち変動性の低下または減少は、運動発達と学習と成熟の現れになる)

ブログ記事

プライオメトリックトレーニングの3つの結論(第一は、ばらつき、すなわち変動性の低下または減少は、運動発達と学習と成熟の現れになる)

2016.09.20 | Category: プライオメトリックトレーニング

プライオメトリックトレーニング

プライオメトリックトレーニングの3つの結論

子どものジャンプパフォーマンスについて3つの根拠

研究者らは、子どものジャンプパフォーマンスについて3つの根拠を提案しています。

 

第一は、ばらつき、すなわち変動性の低下または減少は、運動発達と学習と成熟の現れになります。

 

したがって、子どもにみられる、より大きな測定値の変動は、運動パターンの発達がまだ不十分であるか、成熟しているかの違いを意味します。

 

この変動は、子どものSJにおける高いΔVTOスコアからも再度観察され、これはSJの最適とはいえないパフォーマンスを示唆し、Bobbertらによる調査とも一致します。

 

成長と成熟におけるSSCの増強作用(注意すべき点として、子どもの暦年齢よりも、むしろ生物学的年齢に注意を払うことが重要になる)

第2、第3の観察

報告された第2の観察は、CMJとSJとを比較すると、子どもはCMJで有意に大きな総体的ピークパワーとピークフォースを発揮したことになります。

 

子どもがSJで発揮したピークパワー(28±3W/kg)は大人(48±7W/kg)に比べると低く、ピークフォースについても同様の結果になりました。

 

これらの結果は、SJではCMJに比べ、運動発達と技術の習得レベルが低いことを示唆しています。

 

第3の理由として、子どものピークフォースは成人と比較して有意に変動が大きく、これもまた、CMJと比較するとSJでは、おそらく年齢的依存であると思われ、低い運動制御または習得度が示唆されます。

 

どちらの場合であれ、SJの不適切な遂行がCMJとSJの不適切な遂行がCMJとSJのΔVTO率を増加させたと思われます。

 

競泳選手のトレーニングプログラム(プライオメトリックトレーニングを加え、股関節、膝関節、足関節のトリプルエクステンションに焦点を当てることで、タイムを短縮できる)

 

引用・索引Strength&Conditioning Journal35 Numbers3 pages77-88


ページトップ