MENU TEL

ホーム > Blog > プライオメトリックトレーニング > ジャンプパフォーマンスの変動(パフォーマンスの変動はSSCをうまく利用する能力がまだ十分ではないことを示唆しており、運動制御または運動技術の欠如が、パフォーマンスの変動の主な原因である可能性が高いとされている)

ブログ記事

ジャンプパフォーマンスの変動(パフォーマンスの変動はSSCをうまく利用する能力がまだ十分ではないことを示唆しており、運動制御または運動技術の欠如が、パフォーマンスの変動の主な原因である可能性が高いとされている)

2016.09.21 | Category: プライオメトリックトレーニング

ジャンプパフォーマンスの変動

ジャンプパフォーマンスの変動

ジャンプパフォーマンスの変動と成熟度

Harrison&Gaffneyによって観察されたジャンプパフォーマンスの変動は、成熟度と関係のある運動制御の問題を想起させ、これは青少年のジャンプに関する他の多くの研究でも調査されています。

 

SSCにおける思春期(成熟段階で最もよく明らかとなる現象は身長の急激な増加になり、これは、最大身長発育速度(PHV:peak height velocity)として知られている)

パフォーマンスの変動の主な原因

パフォーマンスの変動はSSCをうまく利用する能力がまだ十分ではないことを示唆しており、運動制御または運動技術の欠如が、パフォーマンスの変動の主な原因である可能性が高いとされています。

 

したがって、現場の専門職は、適切なジャンプと着地の方法を指導することに焦点を当てる必要があり、それによって、運動制御の問題による変動の可能性を排除もしくは最小限にし、ジャンプや着地に伴う傷害リスクも低減できます。

 

青少年層における将来のSSCによる増強効果の測定(SJ対CMJ)では、これらの問題を考慮に入れ、青少年の被験者が両方のジャンプの方法に習熟していることを保証すべきです。

 

ストレッチ-ショートニングサイクル(伸張-短縮)のメカニズムと強化方法(経済的なスプリント走(SSCの効率的な利用)では、力学的エネルギー全体のおよそ60%を回復することができる)

 

引用・索引Strength&Conditioning Journal35 Numbers3 pages77-88


ページトップ