MENU TEL

ホーム > Blog > プライオメトリックトレーニング > 神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

ブログ記事

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

2016.09.23 | Category: プライオメトリックトレーニング

神経筋および筋腱の変化

神経系のプライオメトリックトレーニング

成長に伴う神経筋、筋腱の変化

成長に伴って神経筋および筋腱の変化が生じますが、その変化が青少年のSSC能力に及ぼす影響はまだ明らかになっておらず、青少年の生物学的成熟が暦年齢通りに進行するとは限らないことも一因であり、集団が異なるとSSC能力も変動する可能性が高くなります。

 

歩行、ジャンプ走行などのプライオメトリックス(人が移動運動を行なう際には、収縮要素(CC)、直列弾性要素(SEC)、並列弾性要素(PEC)の3つの要素が相互に作用して、効率的な運動が生じる)

SSCの増強作用がジャンプ力の向上に及ぼす影響

思春期前、思春期、思春期後の全年代において、SSCの増強作用がジャンプ力の向上に及ぼす影響を成熟過程を通して直接調査した研究はまだ存在せず、子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性があります。

 

したがって、子どもを対象にSSCの増強作用を測定し、成熟段階にわたりSSC増強作用の違いを測定することは、SSCトレーニングの最適な機会がいつかを知るために有益な情報を提供します。

 

トレーニングに最適な機会に関して理解が深まれば、青少年アスリートの長期的な能力開発の一部として、SSC能力の最大化プログラムを作成できるはずです。

 

女子選手における非接触型ACL断裂の発生の可能性を最小限にとどめるには(プライオメトリックトレーニングは、ハムストリングスと大腿四頭筋の筋力比を改善し、減速時のハムストリングスの反応筋力を向上させ、着地にかかる力を低減し、外反および内反トルクを減少させる)

 

引用・索引Strength&Conditioning Journal35 Numbers3 pages77-88


ページトップ