MENU TEL

ホーム > Blog > サプリメント > 運動とMIPS(高強度または長時間に及ぶ運動は、活性酸素種(ROS:Reactive oxygen species)と活性窒素種(RNS:Reactive nitrogen species)を過剰に産生する可能性がある)

ブログ記事

運動とMIPS(高強度または長時間に及ぶ運動は、活性酸素種(ROS:Reactive oxygen species)と活性窒素種(RNS:Reactive nitrogen species)を過剰に産生する可能性がある)

2016.10.06 | Category: サプリメント

運動とサプリメント

運動とサプリメント

運動による身体における影響

運動により、伸張性筋活動を含むエクササイズの後には、筋に力学的な微細損傷が生じます。

 

この損傷により、筋力を発揮する能力が低下し、随意努力も減少するため、その後の筋パフォーマンスに影響を及ぼします。

 

さらに、高強度または長時間に及ぶ運動は、活性酸素種(ROS:Reactive oxygen species)と活性窒素種(RNS:Reactive nitrogen species)を過剰に産生する可能性があります。

 

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)に因るとされる)

内因性抗酸化物質(ROS/RNSを除去する分子)

ROSとRNSは、1つ以上の不対電子を持つ、きわめて反応性の高い原子または分子になります。

 

ROSやRNSの過剰産生と内因性抗酸化物質(ROS/RNSを除去する分子)の再生不足は、活動中の筋細胞のタンパク質と脂質に大きな酸化損傷を与えます。

 

結果として、収縮機能不全が続き、筋の衰弱と疲労をもたらします。

 

これらの生理学的反応は、アスリートがしばしば経験する日常的な多量のトレーニングによって大きく悪化し、筋パワー、筋力および回復に大きな影響を及ぼす可能性があります。

 

したがって、運動能力を向上させ回復を助けるMIPSなどのサプリメントは、高強度運動の有害な影響をある程度軽減するメカニズムを提供すると考えられます。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

 

引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,Bhambhani Y,and Gomes P,Acute L arginine supplemention increases muscle blood volume but not strength performance.Appl Physiol Nutr Metab37:115-126.2012


ページトップ