MENU TEL

ホーム > Blog > サプリメント > 分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

ブログ記事

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

2016.10.08 | Category: サプリメント

血流

血流と運動におけるサプリメント

血流の改善とMIPS

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含み、一般的には「最大ポンプ/血管分布」あるいは「一酸化窒素ブレンド」などのマーケティング用語があります。

 

血管拡張特性を有し、その結果、血流を改善する効果があるとされる一般的な成分の中で、最も裏付けとなるエビデンスが多いのはブドウ種子抽出物(GSE:grape seed extract)とアグマチンになります。

 

明確にすべき重要なことは、血流の増加と、筋力やパワーおよび回復の改善との間には直接的な関連はないことです。

 

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)に因るとされる)

運動中の血流増加のメカニズム

これらの補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になります。

 

NOは、一酸化窒素合成酵素(NOS:nitric oxide synthase)を介して硝酸塩やアルギニンなどの分子から合成されます。

 

したがって、これらの成分を補給すると、結果的に一酸化窒素の産生が促進されます。

 

そのため、特に運動中は、健康で活動的なクライアントのグルコースや酸素および栄養素の運搬を最適化し、筋内グルコース濃度を安定化し、運動中の疲労開始を遅らせ、そして筋タンパク質の合成を促進し、回復力を高めることが証明されています。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

 

引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,Bhambhani Y,and Gomes P,Acute L arginine supplemention increases muscle blood volume but not strength performance.Appl Physiol Nutr Metab37:115-126.2012


ページトップ