MENU TEL

ホーム > Blog > サプリメント > オタネニンジン:朝鮮人参((4g/日、8週間)にはストレス適応力を高める強壮特性があり、男性被験者において、高強度のトレッドミルエクササイズに対する急性反応として、運動により誘発された酸化ストレスから活動中の筋を守る)

ブログ記事

オタネニンジン:朝鮮人参((4g/日、8週間)にはストレス適応力を高める強壮特性があり、男性被験者において、高強度のトレッドミルエクササイズに対する急性反応として、運動により誘発された酸化ストレスから活動中の筋を守る)

2016.10.22 | Category: サプリメント

オタネニンジン(朝鮮人参)

朝鮮人参がトレーニングに与える影響

主要効果

オタネニンジン(4g/日、8週間)にはストレス適応力を高める強壮特性があり、男性被験者において、高強度のトレッドミルエクササイズに対する急性反応として、運動により誘発された酸化ストレスから活動中の筋を守ることが報告されています。

 

同様に、オタネニンジンを1日4gを8週間から1日20gを1週間の範囲で健康な男性に投与したところ、運動によって生じる筋損傷と炎症反応の低減を効果的に促進しました。

 

重要なこととして、これらの研究で用いた運動介入は、いずれもレジスタンストレーニングではなく有酸素性エクササイズでした。

 

種類は異なりますが、中国ニンジンの粉末100mgを42日間投与した研究において、レクリエーションレベルの活動的な男女の胸筋群と大腿四頭筋の筋力が増大したことが示されています。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

副次効果

インスリン感受性の改善も、オタネニンジンの強壮効果の効果になります。

 

インスリン感受性の強いラットモデルにおいて、オタネニンジンの活性成分であるジンセノサイドRh2を体重1kg当たり1mgを1日3回、3日間注射すると、運動介入とは無関係に、インスリン感受性が向上するとされています。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

 

引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,Bhambhani Y,and Gomes P,Acute L arginine supplemention increases muscle blood volume but not strength performance.Appl Physiol Nutr Metab37:115-126.2012


ページトップ