MENU TEL

ホーム > Blog > サプリメント > MIPS:副作用(MIPSの成分のうち少数は、多量もしくはきわめて大量に投与された場合に合併症を誘発することが事例研究や運動介入を伴わない研究において報告されている)

ブログ記事

MIPS:副作用(MIPSの成分のうち少数は、多量もしくはきわめて大量に投与された場合に合併症を誘発することが事例研究や運動介入を伴わない研究において報告されている)

2016.10.28 | Category: サプリメント

副作用

サプリメント副作用

MIPSの副作用

MIPSの成分のうち少数は、多量もしくはきわめて大量に投与された場合に合併症を誘発することが事例研究や運動介入を伴わない研究において報告されています。

 

しかし、これらの副作用は、コントロールされた環境で運動介入と併用した場合や、各成分の推奨濃度または通常用量での摂取についてはきわめて稀です。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

それぞれの副作用

GTEに伴う副作用としては、不整脈などカフェインに似た副作用がみられ、便秘や腹部不快感を起こすこともあります。

 

非活動的で体重過多の男女が625mgのカテキン(GT中に存在する)を含む飲料を摂取したところ、入院が必要なほど血圧が上昇した例が1件報告されています。

 

最後にロディオラロゼアのレビューでは、イライラや感や睡眠に伴う合併症が明らかになりました。

 

総合的にみると、これらの補助成分は、MIPSで通常摂取する量であれば安全であるとされています。

 

MIPSはパフォーマンスの向上の理論的なメカニズムに対する特性を有する(血流を増やすことにより、血液と栄養に対する要求に応え、筋タンパク質の分解に抵抗してタンパク質バランスの維持や保護を促進することにより、減少したエネルギーの供給と貯蔵に対処し、酸化ストレスから保護し、ROS/RNSの産生と戦う)

 

引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,Bhambhani Y,and Gomes P,Acute L arginine supplemention increases muscle blood volume but not strength performance.Appl Physiol Nutr Metab37:115-126.2012


ページトップ