MENU TEL

ホーム > Blog > サプリメント > 一酸化窒素とエクササイズ(NOが高強度のセッションに応じて増加し、定期的なトレーニングへの適応として増加しうることも心得ておくべきである)

ブログ記事

一酸化窒素とエクササイズ(NOが高強度のセッションに応じて増加し、定期的なトレーニングへの適応として増加しうることも心得ておくべきである)

2016.11.07 | Category: サプリメント

一酸化窒素とエクササイズ

一酸化窒素とエクササイズ

エクササイズと食事

エクササイズトレーニングと食事摂取に絶えず気を配ることが、体格の発達と身体能力における成功の大部分を左右します。

 

また、NOが高強度のセッションに応じて増加し、定期的なトレーニングへの適応として増加しうることも心得ておくべきです。

 

つまり、十分なトレーニング経験のある人は、非活動的な人に比べて、安静時循環NO濃度が高い可能性があります。

 

こういった傾向は、NOそのものは半減期がわずか3~4秒であるため、NO代謝による安定生成物の組み合わせ測定によって示されることが多くなります。

 

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

硝酸エステルと亜硝酸塩

安定生成物である硝酸エステル(NO3-)と亜硝酸塩(NO2-)を利用して、血中あるいは尿中濃度を測定します。

 

以上のことから考えると、NOによる潜在効果を最大化するためには、プログラムとして構造化されたエクササイズを、ひたすら定期的に行なうことが極めて重要であり、循環NO濃度を最大化することが目標であれば、トレーナーやコーチはこの点をクライアントやアスリートに対して徹底する必要があります。

 

硝酸塩と亜硝酸塩(NOに対する影響に加えて、少なくとも5.1mmolのNO3-を含むBRJを1日に500ml摂取することにより、筋細胞が収縮するときのアデノシン三リン酸(ATP)がの転換率、すなわち使われるエネルギー量が減少する可能性がある)

 

引用・索引Richard J.Bloomer Cardiorespiratory metabolic Laboratory The University of Memphis Mempis Tennessee

ページトップ