MENU TEL

ホーム > Blog > サプリメント > 一酸化窒素と血流(血流の調整には、血流依存制性血管拡張、筋収縮誘発性の抵抗血管のゆがみ、エンドセリン、アデノシン、プロスタサイクリンなどの化学物質の変質、および体温、pO2、pCO2、pHなどの変化がかかわっている)

ブログ記事

一酸化窒素と血流(血流の調整には、血流依存制性血管拡張、筋収縮誘発性の抵抗血管のゆがみ、エンドセリン、アデノシン、プロスタサイクリンなどの化学物質の変質、および体温、pO2、pCO2、pHなどの変化がかかわっている)

2016.11.08 | Category: サプリメント

NOとエクササイズ

一酸化窒素とエクササイズ

エクササイズと血流

エクササイズ中及びエクササイズ後の血流の調整には、他の複数の機序がかかわっていることも知っておくことが必要になります。

 

血流の調整には、血流依存制性血管拡張、筋収縮誘発性の抵抗血管のゆがみ、エンドセリン、アデノシン、プロスタサイクリンなどの化学物質の変質、および体温、pO2、pCO2、pHなどの変化がかかわっていると考えられています。

 

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

至適再配分と充血

したがって、栄養補助食品が測定可能かつ信頼に足るNOの増加をもたらしたとしても、それがエクササイズパフォーマンスと回復にどのような影響を及ぼすのか、あるいはそもそも影響を及ぼすのかどうかを見極める必要があります。

 

事実、高強度エクササイズにおける血流の至適再配分と充血は、主としてNO以外の機序によって促され、NOは脇役を務めるにすぎないことが示唆されています。

 

硝酸塩と亜硝酸塩(NOに対する影響に加えて、少なくとも5.1mmolのNO3-を含むBRJを1日に500ml摂取することにより、筋細胞が収縮するときのアデノシン三リン酸(ATP)がの転換率、すなわち使われるエネルギー量が減少する可能性がある)

 

引用・索引Richard J.Bloomer Cardiorespiratory metabolic Laboratory The University of Memphis Mempis Tennessee


ページトップ