MENU TEL

ホーム > Blog > サプリメント > 一酸化窒素(NO)増加のために利用される薬剤(NOの生合成を増加させる、あるいはNOを維持することによって、最終的には血管拡張を促すことに成功して使用されている医薬品は数種類存在する)

ブログ記事

一酸化窒素(NO)増加のために利用される薬剤(NOの生合成を増加させる、あるいはNOを維持することによって、最終的には血管拡張を促すことに成功して使用されている医薬品は数種類存在する)

2016.11.02 | Category: サプリメント

NO増加のために利用される薬剤

一酸化窒素増加のために使われる薬剤

NOと血管拡張

NOの生合成を増加させる、あるいはNOを維持することによって、最終的には血管拡張を促すことに成功して使用されている医薬品は数種類存在します。

 

例えば、経皮吸収型および舌下錠の硝酸エステル(心疾患の患者によくつかわれる)および経口投与型のL-アルギニン、静脈内投与型および経口投与型のプロピオニルL-カルニチン(末梢血管疾患の患者によくつかわれる)などになります。

 

分析されたMIPSの約60%が血流の改善を目的とした独自配合成分を含む(補助成分の多くを補給した際の血流の増加、特に運動中の血流増加のメカニズムは、大部分が血管拡張効果をもつNO(一酸化窒素、血管拡張物質)の合成を増やすことが中心になる)

エクササイズパフォーマンスとNO

また、間接的には同じカテゴリーに含まれ、勃起機能不全の治療に利用されている医薬品としてバイアグラやシアリスがあります。

 

これらの薬品に関しては、パフォーマンス向上の可能性を求めて研究が行われており、その結果、低酸素状態(高地でのエクササイズ)においてパフォーマンスを向上させることが見出されています。

 

しかし、酸素正常状態(海面気圧でのエクササイズ)ではパフォーマンスの向上は認められず、被験者の反応にはかなりの変動がみられました。

 

初期研究結果から判断すると、これらの薬品は平地でのエクササイズパフォーマンスを向上させないようです。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

 

引用・索引Richard J.Bloomer Cardiorespiratory metabolic Laboratory The University of Memphis Mempis Tennessee

ページトップ