MENU TEL

ホーム > Blog > サプリメント > NO一酸化窒素NO成分と製品(静脈注射されるNOの増加をもたらすことが示されている商品は経口投与によって摂取されると、ほとんどなんの関係をもたない可能性がある)

ブログ記事

NO一酸化窒素NO成分と製品(静脈注射されるNOの増加をもたらすことが示されている商品は経口投与によって摂取されると、ほとんどなんの関係をもたない可能性がある)

2016.11.09 | Category: サプリメント

成分と製品

NO成分と血流と一酸化窒素

NO生成刺激栄養補助食品

NO生成刺激栄養補助食品(NO増加に効果があるとされるあらゆるサプリメント)の推奨、購入および使用について考える際は、成分と完成した製品、そしてそれぞれの裏付けとなる科学(あらゆる欠如)とを区別することが大切になります。

 

例えば、当の製品に含まれるかもしれない特定成分が、静脈注射されるNOの増加をもたらすことが示されているとし、これは経口投与によって摂取されると、ほとんどなんの関係をもたない可能性があります。

 

また、ある成分が、商品に含まれる10~20倍の量を投与された場合に効果があったとしても、この結果は完成した商品の使用方法では無意味かもしれません。

 

 

L-アルギニンの持久系パフォーマンスの対する効果(ランニング中の疲労困憊までの時間が延長され、ATPの加水分解と骨格筋の力発揮との関連性を改善、酸素需要量が減少グルコースの吸収を増大させ、血中乳酸濃度を低下させる)

「独自ブレンド」表示

この問題は、栄養補助食品市場ではごく当たり前に行われている「独自ブレンド」表示によって一層複雑化しています。

 

独自ブレンドの一言でまとめられると、主成分とうたわれている物質が、実際にどれくらいその製品に含まれているかを知るすべがありません。

 

「成分科学」は興味深く、未来の製品開発をもたらす可能性があります。

 

しかし、人間が経口摂取によってその商品を利用する場合の有効性については「商品科学」を行ってから確固とした結論が下されなければなりません。

 

L-アルギニンの摂取量とタイミング(1回に6gのL-アルギニンをエクササイズの60~90分前に摂取し、NOの産生低下を回避するためには、L-アルギニンを最も重要なワークアウトにおいてのみ摂取する)

 

引用・索引Richard J.Bloomer Cardiorespiratory metabolic Laboratory The University of Memphis Mempis Tennessee

ページトップ