MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 筋パワーを向上させ、競技パフォーマンスを高める3つの基本トレーニング(スクワットやデッドリフトなどの伝統的な多関節ウェイトトレーニング、爆発的なプライオメトリックトレーニング、およびクリーン&ジャークなどのウェイトリフティングエクササイズになる)

ブログ記事

筋パワーを向上させ、競技パフォーマンスを高める3つの基本トレーニング(スクワットやデッドリフトなどの伝統的な多関節ウェイトトレーニング、爆発的なプライオメトリックトレーニング、およびクリーン&ジャークなどのウェイトリフティングエクササイズになる)

2016.11.17 | Category: トレーニング

コンプレックストレーニングの適用

コンプレックストレーニングの適用

ピリオダイゼーションのモデル

ピリオダイゼーションのモデルを選択するかにかかわらず、モデルを実際に適用するにあたっては考慮する点がいくつかあります。

 

例えば、エクササイズの選択や順序、トレーニング目標、選手の年齢や経験レベル、利用できる用具やスペースの広さといった点になります。

 

パワーはオーバーハンドスローイングアスリートにおいて最も向上させたい変数であり、この変数は投球速度につながる

3つの基本トレーニング

特に筋パワーを向上させ、競技パフォーマンスを高めるという目標に関しては、上記の諸要素に加え、3つの基本トレーニングが用いられています。

 

その3つの要素とは、スクワットやデッドリフトなどの伝統的な多関節ウェイトトレーニング、爆発的なプライオメトリックトレーニング、およびクリーン&ジャークなどのウェイトリフティングエクササイズになります。

 

これらのトレーニングは、ひとつのトレーニングモデル内で個別にも組み合わせても適用することが可能であり、コンプレックストレーニングは、そのような組み合わせ手法のひとつであり、これを期分けトレーニングのモデルに取り入れることが有益になります。

 

オフシーズンは回復かそれとも準備か?(プレシーズンへ向け、筋サイズや筋力の低下、筋の動員パターンにおける神経系の低下を防ぐトレーニングが重要になる)

 

引用・索引Santos E and Janeira M Effects of complex training on explosive strength in adolescent male basketball players J strength Cond Res22.903-909.2008


ページトップ