MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > コンプレックスペアに用いるエクササイズの選択(筋力エクササイズには、デッドリフト、スクワット、ベンチプレスまたはインクラインベンチプレス、およびスタンディングロウが用いられ、それに対応する爆発的なプライオメトリックエクササイズが組み合わされた)

ブログ記事

コンプレックスペアに用いるエクササイズの選択(筋力エクササイズには、デッドリフト、スクワット、ベンチプレスまたはインクラインベンチプレス、およびスタンディングロウが用いられ、それに対応する爆発的なプライオメトリックエクササイズが組み合わされた)

2016.11.15 | Category: トレーニング

コンプレックスペアに用いるエクササイズの選択

コンプレックストレーニングに用いるピリオダイゼーション

コンプレックストレーニングエクササイズの選択肢

[table id=111 /]

 

上記の表はコンプレックストレーニング(CT)に用いたエクササイズの選択肢になります。

 

オフシーズンは回復かそれとも準備か?(プレシーズンへ向け、筋サイズや筋力の低下、筋の動員パターンにおける神経系の低下を防ぐトレーニングが重要になる)

主な筋力エクササイズ

主な筋力エクササイズには、デッドリフト、スクワット、ベンチプレスまたはインクラインベンチプレス、およびスタンディングロウが用いられました。

 

各筋力エクササイズには、それに対応する爆発的なプライオメトリックエクササイズが組み合わされました。

 

1回のセッションにおいて、上半身と下半身のコンプレックスペアがそれぞれ1組ずつ行われ、そして各1ペアは連続的に実施されました。

 

選手はレジスタンストレーニングを1セット行った後に、最低1分間の休息を取り、続いて爆発的エクササイズを行うように指導されました。

 

研究が示唆するコンプレックスペア間の理想的な休息時間は最低1分間になり、コンプレックスペアの各セット間には約3~5分間の休息が取られました。

 

オフシーズンのトレーニングプログラム(トレーニングの時間配分に関しては、高強度の筋力トレーニングに重点を置きながらも、スポーツパフォーマンスのほかの側面に関するトレーニングを行うプログラムが推奨される)

 

引用・索引Santos E and Janeira M Effects of complex training on explosive strength in adolescent male basketball players J strength Cond Res22.903-909.2008


ページトップ