MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > スピード、アジリティー、コンディショニング(スプリントの量と休息時間は夏季プログラムの期間全体を通じて変動させ、スプリントの本数を漸進させ、伝統的なピリオダイゼーションとCTの利用は、夏季プログラムの重要な側面をなしている)

ブログ記事

スピード、アジリティー、コンディショニング(スプリントの量と休息時間は夏季プログラムの期間全体を通じて変動させ、スプリントの本数を漸進させ、伝統的なピリオダイゼーションとCTの利用は、夏季プログラムの重要な側面をなしている)

2016.11.30 | Category: トレーニング

スピード、アジリティー、コンディショニング

スピードとアジリティにおけるコンディショニング

セッションの3つの要素

リフティングセッションの後には毎回、スピード、アジリティ、およびコンディショニングセッションを1時間行ないました。

 

セッションは3つの要素からなり、最初の要素であるウォームアップとストレッチングでは、800mジョギングの後に静的および動的ウォームアップを行ないました。

 

第2の要素では、直線的なスピードテクニックエクササイズまたは方向転換のアジリティエクササイズを行ないました。

 

第3の要素では、コンディショニングエクササイズとしてスプリントを行ないました。

 

スプリントの量と休息時間は夏季プログラムの期間全体を通じて変動させ、スプリントの本数を漸進させ、伝統的なピリオダイゼーションとCTの利用は、夏季プログラムの重要な側面をなしているとされています。

 

ピリオダイゼーションとは(ピリオダイゼーションの定義は、所定の時期に最良のパフォーマンスを達成することを目的として、トレーニング変数を計画的に変動させること)

トレーニングルーティン

[table id=112 /]

[table id=113 /]

[table id=114 /]

 

ピリオダイゼーションの重要性(バリエーションが非論理的、過度、無計画で実行すると、トレーニング計画の全体的な効果が制限されるだけではなく、オーバートレーニングのリスクが増大する)

 

引用・索引Transference of Strength and Power Adaptation to Sports Performance-Horizontal amd Vertical Force Production

ページトップ