MENU TEL

ホーム > Blog > 投球障害治療 > レジスタンストレーニングと肩関節傷害の考察(関節関連の傷害には肩前部の不安定性があるが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエクササイズ中にとるハイファイブポジションの結果であると想定されている)

ブログ記事

レジスタンストレーニングと肩関節傷害の考察(関節関連の傷害には肩前部の不安定性があるが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエクササイズ中にとるハイファイブポジションの結果であると想定されている)

2017.02.10 | Category: 投球障害治療

考察

レジスタンストレーニングと肩関節傷害

レジスタンストレーニングと肩関節傷害

レジスタンストレーニングプログラムは、予防目的のプログラムとは反対に、パフォーマンスの向上を目的に作成されることが多いため、競技選手にもレクリエーションレベルの参加者も傷害の危険にさらされます。

 

エクササイズのテクニックに対する不注意、偏ったエクササイズの選択、比較的よく行われるエクササイズにおける肩の悪影響のあるポジションなどが、重いウェイトを繰り返し挙上するエクササイズの反復特性と合わさることにより、傷害の危険性が高まります。

 

急性および慢性の肩関節傷害のリスク因子(RT集団にみられる一般的な異常リスク因子は、筋力のアンバランス、肩前部の不安定性、可動性の低下などが挙げられる)

ハイファイブポジションと軟部組織損傷

多くの傷害の具体的な特性は研究により明らかにされてはいませんが、急性および慢性の傷害が、ある特定のトレーニングパターンによって引き起こされる可能性があることを示唆するエビデンスは存在します。

 

さらに、明らかにされたRTに起因する傷害における特定の傾向は、今後の予防を徹底するための基礎となるとされています。

 

軟部組織のうち最もよく傷害が発生する部位は、上腕二頭筋、ローテーターカフ、および大胸筋の筋組織になります。

 

それらの症例のうち、既知の病因学によるとハイファイブポジションをとる必要のあるエクササイズと並び、ベンチプレスが頻繁に原因として指摘されています。

 

関節関連の傷害には肩前部の不安定性がありますが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエクササイズ中にとるハイファイブポジションの結果であると想定されています。

 

バイオメカニクス的観点から、ハイファイブポジションは肩前部の組織の過伸展をもたらし、これにより前部が過度に移動して不安定性が生じます。

 

レジスタンストレーニングと肩の傷害(RT集団において、通常のエクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起こることは、研究により十分に裏付けられている)

 

引用・索引Department of Physical Therpy Nova Southeastern University Fort Lauderdale Florida


ページトップ