MENU TEL

ホーム > Blog > サッカー > ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

ブログ記事

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

2017.02.23 | Category: サッカー

ヨーヨー間欠性テスト

ヨーヨー間欠性テストの2つの種類の目的とは

ヨーヨー間欠性テストの2つのバリエーション

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションが存在します。

 

ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になり、それぞれのテストは2つの種類が設けられています。

 

一方は若年選手または非エリート選手は向けのレベルであり(L1)、もう一方は、L1の全段階をクリアしたエリート選手向けの上級レベルになります(L2)。

 

したがって、実際には4つのバージョンが存在することになります。

 

サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

ヨーヨー間欠性テストの信頼性と妥当性

どのヨーヨー間欠性テストも、定期的に短い休息を挟みつつ、間欠性ランニングを連続的に行う能力を評価するものになります。

 

したがって、YYIE/Rテストは、ホスファゲン系エネルギー機構にも、解糖系エネルギー機構にも負担をかけます。

 

また、サッカーの試合を模倣した運動を、長時間にわたって激しく間欠的に行うことを要求するため、競技への類似性と特異性が保証されます。

 

YYIR中に達成されるHRpeakと、多段階ラボテスト中に達成されるHRpeakには有意差がないこと(98~100%近似)ことが調査によって見いだされています。

 

Dupontらによると、彼らが実施したYYIRL1中のHRpeakと同じくUMTT宙に得られたHRmaxとの間に有意差は存在せず、両者の数値は有意な相関関係を示しました(r=0.88、p<0.001)。

 

したがって、サッカー選手のHRmaxを確立するためにYYIRテストを利用することは妥当とされています。

 

サッカーの試合において激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力の重要性(最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていた)

 

引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and Agility of Soccer Players


ページトップ