MENU TEL

ホーム > Blog > サッカー > ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

ブログ記事

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

2017.02.28 | Category: サッカー

サッカー選手の有酸素性能力テスト

サッカー選手の有酸素性とヨーヨー間欠性テスト

YYIEテストとYYIRテストの信頼性と妥当性

Dupontraらは、YYIEL1(ヨーヨー間欠性持久力テスト)中に収集されたVO2peakの値と、UMTT中にトレッドミルテスト中に測定されたVO2maxの値との間にはいかなる有意差も存在せず、両者は有意に相関していること(r=0.92、p<0.001)を見出しました。

 

また、YYIEL1中に達成されたVO2maxとピーク速度が有意に相関していることも見出されました(r=0.61、p<0.05)。

 

YYIEテストとYYIR(ヨーヨー間欠性回復力テスト)は、どちらも信頼性と精度が高く、再現可能なテストであり、サッカーの競技特性、ならびにスポーツにおける選手の身体能力の詳細な分析を可能にすることが、研究者たちによって保証されています。

 

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプは、選手に応じて選択するとよく、YYIEテストは有酸素性能力に関係が高く、YYIRテストは有酸素性能力にも無酸素性能力にも関係しています。

 

サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

YYIEテストとYYIRテスト

若年選手やアマチュア選手には、YYIEテストのレベル1を経験させてから、レベル2へ進ませることが推奨されています。

 

高強度でも何度も走ることが可能なエリート選手には、YYIRテストのレベル1またはレベル2を実施することが推奨されます。

 

近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されています。

 

サッカーの試合において激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力の重要性(最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていた)

 

引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and Agility of Soccer Players


ページトップ