MENU TEL

ホーム > Blog > サッカー > サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

ブログ記事

サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

2017.03.01 | Category: サッカー

スピードおよびスピード持久力

サッカー選手の身体能力を表すスピード及びアジリティトレーニング

サッカー選手の激しい身体活動

サッカー、特にトップレベルは、短時間の激しい身体活動が特徴であり、その後、短期間で能動的あるいは受動的回復が行われ、一瞬の動作が、試合の勝敗を決するものになりうります。

 

したがって、短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられます。

 

選手はこれらの激しい課題を繰り返し実施できなければならず、例えば、攻撃においてスプリントをしては直ちに守備位置へ戻ることを繰り返す際、消耗されたアデノシン三リン酸の回復効率が高いほど、その後のスプリントが最大に近くなるため、素早く回復する能力を評価する必要があります。

 

サッカーにおけるアジリティ(アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されている)

スピード及びスプリント能力の測定

一定の距離を走るために要する時間を測定することは、選手のスピードおよびスプリント能力の測定方法としては妥当になります。

 

スピードテストの実施には、電子計測ゲートを利用することが理想になります。

 

ストップウォッチの利用も可能ですが、人的エラーがテストの信頼性と妥当性を減らしていき、最大0.24秒速く計測される可能性があります。

 

アジリティの定義とトレーニング方法(アジリティを単純に定義すれば、方向転換になり、また、敏捷性はコントロールされた減速力といえる)

 

引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and Agility of Soccer Players


ページトップ