MENU TEL

ホーム > Blog > サッカー > サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係(r=-0.602、p

ブログ記事

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係(r=-0.602、p<0.05)が存在する)

2017.03.04 | Category: サッカー

ランニングスプリント

サッカーにおけるランニングスプリントとは

反復スプリントにおけるパフォーマンス

Meckelらによると、短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係(r=-0.602、p<0.05)が存在しますが、長時間のRST(6×40m、回復時間30秒)においては存在しませんでした(r=-0.322、p<0.09)。

 

これは、レップ数の増加に伴って有酸素性機構の関与が増大したことを示しています。

 

Bangsboは、上記テストに類似したテストを開発し、7回のスプリントを回復時間25秒で行うものですが、10~20mの間に横へ5mの方向転換が含まれています。

 

Wraggらは、変動係数1.8%、信頼区間95%として、このテストを信頼性のあるものとみなしました。

 

この点をみると、このテストは妥当性のあるテストのように思われますが、横への動作にはアジリティの要素が組み込まれています。

 

サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

方向転換と有酸素性機構の関係性

Youngらは、方向転換の回数が増えるにつれて相関関係が低下し、一般的な分散が増加することを見出しました。

 

しかし、Bangsboのテストには1回の、しかも複雑ではない方向転換が含まれているだけなので、スピードテストとしては依然として妥当性があります(r=0.92、p<0.01)。

 

Sayerらは、国内レベルの大学生選手のFIが0.415±0.213であることを見出し、またMeckelらは、ファーストディビジョンのユースリーグのサッカー選手のPDは約5.0±2.0であることを見出しました。

 

サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002))

 

引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and Agility of Soccer Players


ページトップ