MENU TEL

ホーム > Blog > 有酸素運動 > 運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響(グリコーゲン濃度が低下して状態でトレーニングを行うことがタンパク質の分解を加速させることを考えると、筋力や筋量の増大を考えるアスリートに不利益をもたらす可能性がある)

ブログ記事

運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響(グリコーゲン濃度が低下して状態でトレーニングを行うことがタンパク質の分解を加速させることを考えると、筋力や筋量の増大を考えるアスリートに不利益をもたらす可能性がある)

2017.06.02 | Category: 有酸素運動

持久力トレーニングと絶食

絶食状態と有酸素性能力と脂肪分解について

運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響

最後に、運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響は、最終的には脂肪の燃焼にマイナスの効果を及ぼします。

 

早朝、絶食状態でトレーニングを行うことは、中強度のレベルでさえ非常に困難になります。

 

低血糖状態でHIIT様式のルーティンを実施しようとすれば、パフォーマンスが損なわれることはほぼ確実になります。

 

研究により、エクササイズ前に食事をとると、絶食状態に比べ、より高強度のトレーニングを実施できることが明らかになっています。

 

最終結果として、活動中も活動後もより多くのカロリーが燃焼するので、脂肪の減少も大きくなります。

 

高強度インターバルトレーニングとリン酸ローディングによる持久的能力の向上(最大酸素摂取量(VO2max)、無酸素性閾値、疲労困憊に至るまでの時間の改善)

結論

結論として、諸研究は早朝絶食状態でトレーニングを行うことにより体脂肪を減らすという戦術の効果を支持していません。

 

このような方法に伴う脂肪減少の最終的な効果は、摂食後のトレーニングとせいぜい同程度であり、むしろそれより劣る可能性が極めて高くなります。

 

さらに、グリコーゲン濃度が低下して状態でトレーニングを行うことがタンパク質の分解を加速させることを考えると、筋力や筋量の増大を考えるアスリートに不利益をもたらす可能性があります。

 

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

 

身体能力テストを行う際のガイドライン(例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

 

引用・索引Dose Cardio After an Overnight Fast Maximize Fat Loss?54-56


ページトップ