MENU TEL

ホーム > Blog > 足部疾患 > 過回内:Hyperpronation,overprona-tionが身体に与える影響(足部回内の下肢キネティックチェーンへの影響は、トレーニングや競技、機能的な動作の妨げとなり、この足部アーチの変化はアーチの変化はアーチサポートを減衰させ、脛骨の内旋をもたらす)

ブログ記事

過回内:Hyperpronation,overprona-tionが身体に与える影響(足部回内の下肢キネティックチェーンへの影響は、トレーニングや競技、機能的な動作の妨げとなり、この足部アーチの変化はアーチの変化はアーチサポートを減衰させ、脛骨の内旋をもたらす)

2017.06.07 | Category: 足部疾患

過回内

足部回内における機能的変化

過回内が身体に与える影響

過回内(Hyperpronation,overprona-tion)は、足部、足関節、膝関節、股関節にまでも影響を及ぼします。

 

過回内は、外反母趾の形成につながり、歩行や足部における質量中心(COM)の変化を伴う痛みを引き起こします。

 

COM変化の主要な理由は、外反母趾形成による痛みの発現にあります。

 

足部回内と下肢キネティックチェーンの機能障害(足部回内状態では、足は体重が乗った際に内側縦アーチを失います。 内側縦アーチは、足部内側の骨、靭帯、および腱で形成されており、足部縦アーチの役割は、足部が地面に接地した際に床反力を分散させる)

歩行周期と接地

足が接地した際に外反母趾が圧迫されることによって生じる痛みは、体重を母趾に乗せることを避けさせてしまいます。

 

つまり、痛みを原因として、母趾に体重を乗せることを避け、結果として第二趾、第三趾へとシフトさせていきます。

 

この故意ではない母趾から他の趾へのシフトは、各趾の腱間における新たな偶力を生み出し、歩行周期における離地局面にかかる床反力にも変化を引き起こします。

 

研究によれば、母趾に本来備わった内転、および外転にかかわる筋における弱化は、足部機能の躊躇な機能障害や関節の変形を引き起こす可能性があり、ひいては下肢キネティックチェーン全体にも大きな機能障害をもたらすます。

 

足部回内の下肢キネティックチェーンへの影響は、トレーニングや競技、機能的な動作の妨げとなり、この足部アーチの変化はアーチの変化はアーチサポートを減衰させ、脛骨の内旋をもたらします。

 

足関節の可動性(足関節可動性(AM:ankle mo-bility)、特に背屈は、正常な歩行にとってきわめて重要になる)

 

引用・索引Adan RA Mechanisms Underlying current and future antiobesity drugs Trends in Neurosciences 133-137,2013


ページトップ