MENU TEL

ホーム > Blog > 減量 > 急速減量法を実施することの潜在的危険性(クライアントが健康を危険にさらしていないか見極め、適切な教育計画や方策を準備することによって、彼らが安全かつ効果的な減量を実施し、健康的な体重を長期的に維持する手助けをする必要がある)

ブログ記事

急速減量法を実施することの潜在的危険性(クライアントが健康を危険にさらしていないか見極め、適切な教育計画や方策を準備することによって、彼らが安全かつ効果的な減量を実施し、健康的な体重を長期的に維持する手助けをする必要がある)

2017.07.25 | Category: 減量

急速減量法

減量

パーソナルトレーニングのクライアントは、しばしば身体組成における目標により、短時間に大幅な、または極端な減量を実行する必要に迫られます。

 

クライアントが試合出場(総合格闘技、レスリング、ボクシング、ウェイトリフティングなど)のため、または美容目的(社交的な行事を控えている、肥満を解消したい)から、短期間に体重を減らそうと、急速減量法(RWL)法の実施に関心を示す状況にしばしば遭遇します。

 

しかし、先行研究にはRWLの統一された定義は存在しません。

 

RWL法は一般的に、低カロリーの食事と運動による減量に比べ、短期間で大きな減量効果を得るために用いられる各種の方法を指します。

 

しかし、このような減量法の多くは、安全性に問題があるだけではなく、場合によっては生命の危険さえもたらしかねません。

 

そのためトレーナーはクライアントが健康を危険にさらしていないか見極め、適切な教育計画や方策を準備することによって、彼らが安全かつ効果的な減量を実施し、健康的な体重を長期的に維持する手助けをする必要があります。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

一般的な急速減量法

  1. 食物の摂取制限や断食
  2. 流行のダイエット法(ジュースダイエットなど)
  3. 水分の摂取制限
  4. 過度のトレーニング
  5. 極端な高温下でのトレーニング
  6. 過度の重ね着、ゴミ袋、スウェットスーツやその他の減量スーツの着用
  7. サウナ
  8. 水分と塩分のローディング/アンローディング(水分と塩分の大量摂取を3~4日間行った後、次の1~2日間は塩分摂取を完全に絶ち、水分摂取も大幅に制限する)
  9. 過度の唾吐き
  10. 自己誘発性嘔吐
  11. 栄養サプリメント、利尿剤、下剤、その他様々な薬物の使用
  12. 浣腸

 

格闘技競技における体重調整(水分補給状態を確認し、トレーニングによって起こる急性の体重減少、尿の色と重量オスモル濃度、ヘモグロビンとヘマトクリット値のモニタリングすることがパフォーマンスを低下させないことにつながる)

 

引用・索引Artioli G Franchini E Nicastro H Sterkowicz S Solis MY and Lancha A The need of weght comtrol management program in judo Aproposal based on the successful case of wrestling J Int Soc Sports Nutr7:15,2010


ページトップ