MENU TEL

ホーム > Blog > 減量 > 急速減量法が引き起こす徴候や症状に対する予防のための認識と方法(急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になる)

ブログ記事

急速減量法が引き起こす徴候や症状に対する予防のための認識と方法(急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になる)

2017.07.28 | Category: 減量

予防のための認識と方法

急速減量法が引き起こす徴候や症状

急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になります。

 

パーソナルトレーナーは、セッションごと、または週ごとに体重が急激に変動していないかモニタリングして見極め必要があります。

 

また、通常とは異なる行動がみられ、RWL法が実行されている可能性がある場合、トレーナーは自らの免責とクライアントの記録のために、それらの行動を文章に記録します。

 

クライアントはただ不適切な助言に従ってRWL法を実行しているだけかもしれませんが、場合によると、これらの行動は摂食障害など、より重大な心理的問題を示している可能性もあります。

 

そのため、文書による記録は、メンタルヘルス専門職や管理栄養士に照会するなど、適切な介入方法に関してトレーナーが情報に基づく決定を下すのに役立ちます。

 

格闘技競技における体重調整(水分補給状態を確認し、トレーニングによって起こる急性の体重減少、尿の色と重量オスモル濃度、ヘモグロビンとヘマトクリット値のモニタリングすることがパフォーマンスを低下させないことにつながる)

水分喪失と脱水

またRWL法の手法の多くは、水分喪失によって減量を図るものであるため、脱水に関連する多くの徴候や症状を認識することが非常に重要になります。

 

そのような徴候や症状とは、パフォーマンスの大幅な低下、安静時心拍数の増加、唇の乾燥とひび割れ、頭痛、めまい、色の濃い/においの強い尿筋痙攣、および胃腸障害などになります。

 

それらを予防するため、極端な水分制限、利尿剤、下剤、過度のトレーニング(特に重ね着をしたりスウェットスーツを着用した状態)、および極端な高温下での長時間運動や長時間のサウナ使用といった手法は避けるべきです。

 

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

 

引用・索引Artioli G Franchini E Nicastro H Sterkowicz S Solis MY and Lancha A The need of weght comtrol management program in judo Aproposal based on the successful case of wrestling J Int Soc Sports Nutr7:15,2010


ページトップ