MENU TEL

ホーム > Blog > ウェイトトレーニング > 限界まで追い込むトレーニング(失敗するまで追い込まないトレーニング群に比べて失敗するまで行うトレーニング群では、トレーニング後の6RMベンチプレスの筋力と40kgベンチスローの平均パワーの向上が有意に大きかったことを報告している)

ブログ記事

限界まで追い込むトレーニング(失敗するまで追い込まないトレーニング群に比べて失敗するまで行うトレーニング群では、トレーニング後の6RMベンチプレスの筋力と40kgベンチスローの平均パワーの向上が有意に大きかったことを報告している)

2017.08.21 | Category: ウェイトトレーニング

限界まで行なうトレーニング

失敗するまで行なうトレーニング

一流のジュニアアスリートを対象として、6週間の上半身トレーニングプログラムを実施した別の研究もあります。

 

研究では、6RMベンチプレスにおける筋力と6RMベンチスローにおけるパワーに対して、失敗するまで行うトレーニングと失敗まで追い込まないトレーニングが及ぼす影響について検証されました。

 

この研究でも両群の全トレーニング量を等しくしましたが、失敗するまで行うトレーニング群は、最終レップで補助者による補助が必要となるように、1セットあたりのレップ数を多く(失敗するまで行うトレーニング:失敗するまで追い込まないトレーニング=6:3)、全セット数を少なくました(失敗するまで行うトレーニング:失敗するまで行わないトレーニング=4:8)。

 

研究者らは、失敗するまで追い込まないトレーニング群に比べて失敗するまで行うトレーニング群では、トレーニング後の6RMベンチプレスの筋力と40kgベンチスローの平均パワーの向上が有意に大きかったことを報告しています。

 

これらを考え合わせるとどちらの研究も、失敗するまで行うトレーニングを利用する短期レジスタンストレーニング(11週間以下)は、プラスのパフォーマンス適応を引き出す可能性があることを示しています。

 

タウリン(80%1RMで3セットを失敗するまで行なう肘関節伸展筋群の伸張性エクササイズに対して、タウリンを1日に体重1kg当たり15mg、2週間補給すると、プラセボ群と比較して、筋力レベルが高まり、筋痛のレベルが低下したことも報告されている)

失敗するまで行なうトレーニングと失敗するまで追い込まないトレーニング

失敗するまで行うトレーニング後にパフォーマンスの増大を報告した研究から考えると、失敗するまで行うト、レーニングの利用は好ましいとされています。

 

Willardsonらのレビューによると、まず失敗するまで行うトレーニングを6週間行い、その後、失敗するまで追い込まないトレーニングを同期間行う方法を勧めています。

 

これは、失敗するまで行うトレーニングによる利益を最大化すると同時に傷害とオーバートレーニングのリスクを最小化するためです。

 

また、トレーニングプログラムにバリエーションをもたらす点においても役立ちます。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

 

引用・索引Willardson JM Norton L and Wilson G Training to failure and beyond in mainstream resistance exercise programs Strength Cond J 32:21-29,2010


ページトップ