MENU TEL

ホーム > Blog > ウェイトトレーニング > 失敗するまで行うトレーニングを否定する意見(疲労が増すにつれて、速度(素早いパワー出力)の低下やテクニックの低下を招き、傷害リスクを高めるからであり、パワー向上が目的である場合は、すべてのエクササイズがある負荷(30~70%1RMなど)の最大下レップ数(例えば1~6など)で実施されるべきである)

ブログ記事

失敗するまで行うトレーニングを否定する意見(疲労が増すにつれて、速度(素早いパワー出力)の低下やテクニックの低下を招き、傷害リスクを高めるからであり、パワー向上が目的である場合は、すべてのエクササイズがある負荷(30~70%1RMなど)の最大下レップ数(例えば1~6など)で実施されるべきである)

2017.08.24 | Category: ウェイトトレーニング

失敗するまで行なうトレーニング

トレーニング計画とコンディショニング

トレーニング局面のプレシーズンとインシーズン中は、ストレングス&コンディショニングコーチがアスリートに費やせる時間は限られています。

 

そのような場合、レジスタンストレーニングの処方は最大の成果が得られるように注意して計画し、実行しなければなりません。

 

プレシーズンとインシーズンではパワーの向上が第一目標となることが多く、すべてのエクササイズにおいて高速で正確なテクニックを維持することがきわめて重要になります。

 

このとき失敗するまで行うトレーニングを利用することは逆効果である可能性が高くなります。

 

なぜならば、疲労が増すにつれて、速度(と素早いパワー出力)の低下やテクニックの低下を招き、傷害リスクを高めるからです。

 

したがって、パワー向上が目的である場合は、すべてのエクササイズがある負荷(30~70%1RMなど)の最大下レップ数(例えば1~6など)で実施されるべきです。

 

タウリン(80%1RMで3セットを失敗するまで行なう肘関節伸展筋群の伸張性エクササイズに対して、タウリンを1日に体重1kg当たり15mg、2週間補給すると、プラセボ群と比較して、筋力レベルが高まり、筋痛のレベルが低下したことも報告されている)

休息時間とトレーニング

そしてセット間にはより長い休息時間を設けるべきであり、研究によると、速度と素早いパワー出力は1セットにつき約4~6レップ後に低下します。

 

また高いパワー出力は、セット間の休息が3~5分の場合によく維持されることも研究によって示されています。

 

一言でいえば、失敗するまで行うトレーニングは筋肥大指向のトレーニングに最も適しています。

 

ほとんどのアスリートは個人のニーズや年間のトレーニング計画の局面に基づいて、局所的筋持久力、筋力、パワーの向上など特定の目標を指向するトレーニングプログラムによるほうが、競技特異的移行が大きくなります。

 

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

 

引用・索引Willardson JM Norton L and Wilson G Training to failure and beyond in mainstream resistance exercise programs Strength Cond J 32:21-29,2010


ページトップ