MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > スプリントスピードとは(スプリントスピードは、床に対してより大きな筋力を生み出す能力と接地時間を最小限に留める能力、すなわち伸張-短縮サイクルをうまく利用して、キネティックチェーンを通じてパワーを転移させる能力によって原則的に支配されている)

ブログ記事

スプリントスピードとは(スプリントスピードは、床に対してより大きな筋力を生み出す能力と接地時間を最小限に留める能力、すなわち伸張-短縮サイクルをうまく利用して、キネティックチェーンを通じてパワーを転移させる能力によって原則的に支配されている)

2017.09.11 | Category: トレーニング

遊脚期と支持期の接続時間

スプリントの原則

遊脚期と支持期の接続時間には限界があるためWeyandらは、スプリントスピードは、床に対してより大きな筋力を生み出す能力と接地時間を最小限に留める能力、すなわち伸張-短縮サイクルをうまく利用して、キネティックチェーンを通じてパワーを転移させる能力によって原則的に支配されていると結論づけています。

 

したがって、スピードを向上させるには、遊脚期の素早い脚のリカバリーよりに重点を置くよりも、短い接続時間で高いパワーを発揮できるようにトレーニングすべきとされています。

 

S&Cコーチはトレーニングにデプスジャンプを含め(適切なトレーニングサイクル中に)、コンタクトマットを用いて、跳躍高の最大化とともに接地時間の最小化(0.1~0.2秒など)を目指して指導するとよいとされます。

 

ストライド頻度とストライド時間(ストライド頻度はストライド時間の影響を直に受け、そしてストライド時間は遊脚時間(滞空時間)および接地時間(立脚時間)の影響を受ける)

結論

どのレベルのアスリートであっても、トレーニングは知識と経験の微妙なバランスの上に立ち、コーチもトレーニング専門職も、アスリートのパフォーマンス向上を助ける最善の練習方法を絶えず模索しています。

 

最大スピードとそのトレーニング手法に関する最新の構成概念は、現在一般的に利用されている練習の見直しを要求しています。

 

フィールドスポーツの選手は20~30mの間で最大スプリントスプリントを達成することができ、GSACは水平推進に大きく貢献するのではなく、垂直変位を最小限に留める方法を提供します。

 

遊脚期の持続時間の短さではなく支持期中に生み出される力の大きさが、優れたスプリント能力の基礎となるメカニズムになります。

 

優れたスプリントパフォーマンスを出すには(脚部を完全伸展させることで力が地面に対してより長時間発揮されると、速度の上昇が得られる(f×t=m×v))

 

引用・索引School of Kinesiology and Health Science York University Toronto Ontario

 


ページトップ