MENU TEL

ホーム > Blog > ウェイトリフティング > ランジの負荷の増加に伴い、股関節伸展の力積と仕事量はどのように変化するか?

ブログ記事

ランジの負荷の増加に伴い、股関節伸展の力積と仕事量はどのように変化するか?

2017.09.19 | Category: ウェイトリフティング

ランジの負荷の股関節伸展の力積と仕事量

ランジ中の股関節伸展の力積と仕事量

最近の研究により明らかなように、ランジ中の負荷の増加に伴い、股関節伸展の力積が膝関節伸展の力積よりも大きな割合で増加します。

 

Riemannらは、体重の12.5%、25%、50%に等しい負荷を用いてランジを行なう間、股関節、膝関節、足関節における短縮局面の仕事量の差および関節モーメントの力積を調査しました。

 

研究によると、外部負荷の増加に伴い、関節の力積と仕事量の最大の増加が股関節で起こり、次に大きな増加が足関節で、最後に膝関節で起きたことが明らかになりました。

 

これは、ランジエクササイズに負荷が加わると、股関節への依存が次第に高まることを示唆しています。

 

筋パワーを向上させ、競技パフォーマンスを高める3つの基本トレーニング(スクワットやデッドリフトなどの伝統的な多関節ウェイトトレーニング、爆発的なプライオメトリックトレーニング、およびクリーン&ジャークなどのウェイトリフティングエクササイズになる)

股関節対膝関節の伸展力積比

ここでもまた、股関節対膝関節の伸展力積比は、負荷の増加に伴い上昇します。

 

研究者は、その比率は、体重の12.5%の負荷を加えた場合には、3.4:1.0でしたが、50%の負荷では4.2:1.0に変化したことを見出しました。

 

体重の50%の負荷を加えた場合の股関節伸展力積の割合は、12.5%の負荷を加えた場合よりも22.8%も大きく、これは、ランジでは、プレートを重くするつれて、股関節の力積が膝関節のそれより相対的により大きな増加を示すことを示しています。

 

若年アスリートにおける代替え的なパワー向上法の選択(プライオメトリックスでは大きな床反力が生じるため、プログラムへの適用は慎重に行わないと、短期的には過負荷による傷害を、長期的にはオーバーユースの問題を引き起こすおそれがあり、特に成長期のアスリートにおいてはその懸念が大きくなる)

 

引用・索引Strength and Conditioning Research Limited Loughborough Leicestershire United Kingdom


ページトップ