MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 側方動作における股関節伸展筋群の役割とは?

ブログ記事

側方動作における股関節伸展筋群の役割とは?

2017.09.22 | Category: トレーニング

側方動作における股関節伸展筋群の役割

股関節伸展筋群の役割

すべての動作は主に矢状面で行われますが、最近行われた2つの研究は、サイドステップにおける股関節伸展筋群の役割を調査しました。

 

Inabaらは、サイドステップの距離の増加に伴い股関節伸展筋モーメントが有意に増加したこと、しかし股関節外転モーメントは増加しなかったことを明らかにしました。

 

同様にShimokochiらは、股関節外転筋群の機能は、側方動作にとって重要な要素とは思われないこと、むしろ前額面における速い股関節伸展動作が爆発的な動作にとってより一層重要であることを報告しています。

 

これらの研究結果は、股関節対膝関節の伸展モーメント比や関連変数が、スクワット、デッドリフト、ランジ、ヘックスバーデッドリフトのいずれにおいても、負荷の増加に伴い大きくなることを示しています。

 

若年アスリートにおける代替え的なパワー向上法の選択(プライオメトリックスでは大きな床反力が生じるため、プログラムへの適用は慎重に行わないと、短期的には過負荷による傷害を、長期的にはオーバーユースの問題を引き起こすおそれがあり、特に成長期のアスリートにおいてはその懸念が大きくなる)

股関節対膝関節の伸展モーメント比と関連変数

さらに、研究からは、股関節対膝関節の伸展モーメント比や関連変数が、ランニングの速さやジャンプの高さが増すにつれて一層大きくなることも示唆されます。

 

これはまさに、Frostらが観察したように、異なる負荷やスピードにおいて、異なる運動方策が用いられている結果であるとされています。

 

筋パワーを向上させ、競技パフォーマンスを高める3つの基本トレーニング(スクワットやデッドリフトなどの伝統的な多関節ウェイトトレーニング、爆発的なプライオメトリックトレーニング、およびクリーン&ジャークなどのウェイトリフティングエクササイズになる)

 

引用・索引Strength and Conditioning Research Limited Loughborough Leicestershire United Kingdom


ページトップ