MENU TEL

ホーム > Blog > プライオメトリックトレーニング > 垂直跳びのパフォーマンス向上のための各種ジャンプ(垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われる)

ブログ記事

垂直跳びのパフォーマンス向上のための各種ジャンプ(垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われる)

2017.09.28 | Category: プライオメトリックトレーニング

垂直跳びと競技パフォーマンス

垂直跳びの能力とパフォーマンス

アスリートの垂直跳びの能力向上は、スポーツの総合的なパフォーマンスにきわめて大きく貢献します。

 

垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われます。

 

パワーを測定する方法が収集データに影響を及ぼすため、様々なジャンプ様式を検討する必要があります。

 

パワーを増大させるためには最大筋力を向上させることが重要になる(70~120%1RMの負荷で行った24週間の高強度の筋力トレーニングの後、パワー発揮能力の代表的指標である垂直跳びのパフォーマンスが7%向上した)

競技におけるジャンプ

バスケットボール選手は、レイアップシュートやダンクシュートを行う際に、バスケットゴールに向かって垂直跳び(VJ)を行います。

 

バレーボール選手は、ブロックしたりスパイクを打ったりする際に、素早いカウンタームーブメントジャンプ(CMJ)を用います。

 

また、競泳選手は、スタートの静止状態からブロックを蹴って推進する際に、VJで行う股関節、膝関節、足関節の伸展(トリプルエクステンション)を行います。

 

ラグビー選手も、パスされたボールをキャッチするためにジャンプが必要になります。

 

静止状態からスタートするVJはスクワットジャンプ(SJ)と呼ばれ、身体を下降させてから方向転換をして行うジャンプはカウンタームーブメントジャンプ(CMJ)と呼ばれます。

 

アプローチジャンプ(AJ)は一歩以上ステップを踏んでからCMJを行うジャンプであり、着地に反応して行うジャンプはデプスジャンプ(DJ)になります。

 

フロントスクワットと競技パフォーマンス(ウェイトリフティング動作の1RM値の合計は、スプリントや垂直跳びのパワーなど、スピード筋力を要する様々なスキルのパフォーマンスと正の相関関係になる)

 

引用・索引Various Jump Training Styles for Improvement of Vertical Performance


ページトップ