MENU TEL

ホーム > Blog > プライオメトリックトレーニング > デプスジャンプ(DJ中に使われる弾性特性と神経系の増強効果の活用は、VJパフォーマンスの向上をもたらす可能性と、収縮性タンパク質のトレーニング効果を引き出す可能性がある)

ブログ記事

デプスジャンプ(DJ中に使われる弾性特性と神経系の増強効果の活用は、VJパフォーマンスの向上をもたらす可能性と、収縮性タンパク質のトレーニング効果を引き出す可能性がある)

2018.01.02 | Category: プライオメトリックトレーニング

デプスジャンプ

デプスジャンプと下肢パワーとスピード

DJトレーニングは、下肢のパワーとスピードを改善するためによく用いられるトレーニング様式になります。

 

VJで測定されるパワーがDJトレーニングにより増大することは、すでに証明されています。

 

前述したように、DJでは、より優れたトレーニング効果を引き出すために、筋系と神経系の伸張反射による増強効果だけではなく、筋の弾性特性も利用されます。

 

Bosco&Komiは、DJ後のVJ能力の向上は、弾性エネルギーとSSC要素の活用に起因することを明らかにしています。

 

この研究はSSCと弾性エネルギーの利用がVJの改善をもたらすと結論づけました。

 

しかし、別の研究では、弾性エネルギーの利用はDJトレーニングによって増大しないことが示されています。

 

子どものCMJとSJの比較(ジャンプパフォーマンスとSSC能力(CMJとSJ)を、暦年齢7~17歳の子どもを対象に測定したところ、14~16歳までの間にSSCの能力が加速する期間が観測された)

弾性エネルギーとデプスジャンプ

Gehriらは、DJトレーニングの結果、使われる弾性エネルギーの量は増大しないが、VJパフォーマンスは飛躍的に増大することを明らかにしています。

 

したがって、DJ中に産生される弾性エネルギーがDJトレーニングによって増加することはないかもしれないが、SSCの効率が促進される可能性があるとされています。

 

また、DJ中に使われる弾性特性と神経系の増強効果の活用は、VJパフォーマンスの向上をもたらす可能性と、収縮性タンパク質のトレーニング効果を引き出す可能性があります。

 

したがって、DJトレーニングでは、短縮性パフォーマンスの向上に伴い、償却局面の時間短縮により接地時間が短縮されます。

 

結論として、DJトレーニングは、神経筋系と同時に筋腱単位も強化することによりSSCにおけるパワー発揮能力を向上させるとされています。

 

ジャンプパフォーマンスの変動(パフォーマンスの変動はSSCをうまく利用する能力がまだ十分ではないことを示唆しており、運動制御または運動技術の欠如が、パフォーマンスの変動の主な原因である可能性が高いとされている)

 

引用・索引Various Jump Training Styles for Improvement of Vertical Performance

 


ページトップ