MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 適切に計画された期分け筋力トレーニングプログラムに組み込むには(CTを実行する際は、アスリートのテクニックとパワーが代謝性疲労の影響を受けないようにしなくてはならない)

ブログ記事

適切に計画された期分け筋力トレーニングプログラムに組み込むには(CTを実行する際は、アスリートのテクニックとパワーが代謝性疲労の影響を受けないようにしなくてはならない)

2018.04.22 | Category: トレーニング

CTの期分け

適切な期分けを組むには

CTは、適切に計画された期分け筋力トレーニングプログラムに組み込むことが可能になります。

 

筋力やパワーの向上トレーニングを行う際は、「力=質量×速度」であることは忘れてはいけません。

 

そこでストレングスコーチは、伝統的なウェイトトレーニング、プライオメトリックトレーニング、オリンピックスタイルリフティング、およびCTを期分けプログラムに組み込むことで、特異的なトレーニング刺激をアスリートに提供することが可能になります。

 

コンプレックストレーニングと活動後増強(PAP:Postactivatiation potentiation)(PAPは筋の最大または最大に近い収縮の後に爆発的筋力が増大する現象を指す)

CTを実行する際に注意する点とは

ストレングスコーチは、一般に、CTをオフシーズンまたはプレシーズンの筋力/パワー期やパワー期にに適用しますが、筋力やパワーの維持のために試合期にCTを適用する例もあります。

 

また、いくらか疲労した状態で力強く筋を収縮させるトレーニングを行い、身体の生理学的、精神的な準備を整えることで、CTがアスリートに有益な効果をもたらす可能性が示唆されています。

 

ただし、CTを実行する際は、アスリートのテクニックとパワーが代謝性疲労の影響を受けないようにしなくてはなりません。

 

コンプレックストレーニングのペアに用いた筋力エクササイズ(経験の浅い選手向けにはトレーニングセッションを修正し、適切なテクニックが確実に遂行できるようにすることも大切になる)

 

引用・索引Complex Training Reexamined Review and Recommendations to Improve


ページトップ