MENU TEL

ホーム > Blog > トレーナー > 関東大学サッカー連盟所属大学サッカー部トレーナー研修会

ブログ記事

関東大学サッカー連盟所属大学サッカー部トレーナー研修会

2013.01.29 | Category: トレーナー

関東大学サッカー連盟所属大学サッカー部トレーナー研修会

 

大変貴重な講演をお聞きすることができました。

サッカーの医科学、国際サッカー連盟にてのフィジオ活動、サッカーにおける障害、サッカーへの活動と評価・アプローチ法、現場における傷害のチェックポイントとそのアプローチ方法。。。

新たな刺激をいただきました!

選手としての立場、トレーナーとしての立場、これからの自分のトレーナー活動、更に面白いものにしていきたいですね!

Nakajima整骨院

院長 中島 裕之

 

 

 

宮川俊平先生(日本サッカー協会スポーツ医学委員/鹿島アントラーズ チームDr/筑波大学大学院人間総合科学研究科)

高木   博先生(川崎フロンターレ 前チームドクター/昭和大学藤が丘病院整形外科)

中島圭吾先生(FIFA審判部専属理学療法士/東京メディカル・スポーツ専門学校理学療法学科)

宮澤俊介先生(湘南ベルマーレ・フットボールアカデミー 前チーフトレーナー/M’s PT Conditionig 理学療法士)

島田周輔先生(神奈川県サッカー協会医事委員会メディカルサポート部/昭和大学藤が丘リハビリテーション病院理学療法士)

-選手達の活躍の裏で、当然ながら我々サポートスタッフの質的向上も

求められてきているのも事実です。
そこで、今回、「サッカーにおける障害」をテーマに、サッカーの現場で活動されている先生方の「活動内容」や
「障害に対する評価や治療のポイント」などの医学的な内容をそれぞれのお立場を中心にお話しをいただき、皆様と共通理解を得られればと考えます。

  (財)日本サッカー協会関東ブロックアスレティックトレーナー代表者連絡会協力事業 –

 

ページトップ