MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > アスリートのパフォーマンス低下の主因となりうる免疫機能障害とオーバートレーニング症候群

ブログ記事

アスリートのパフォーマンス低下の主因となりうる免疫機能障害とオーバートレーニング症候群

2014.01.20 | Category: トレーニング

パフォーマンス低下につながる免疫機能

免疫

免疫機能障害

免疫機能障害はアスリートのパフォーマンス低下の主因となりうります。

 

現在、炎症および免疫反応に対するエクササイズの影響には「ホルミシス効果」(低用量では促進的に働く物質が高用量では逆に抑制的に働く用量依存的な関係)があると考えられます。

 

すなわち中強度のエクササイズは有益であるのに対して、長期間の高強度エクササイズは有害となる可能性があることを意味しています。

免疫とトレーニング

非常に高強度で長期間エクササイズは免疫抑制をもたらし、場合によってはオーバートレーニングの徴候を引き起こします。

 

多くのアスリートが多量/高強度のトレーニングを行っており、したがって質の高いトレーニングを保証するにはアスリートとコーチが免疫抑制の基礎理論を理解することが重要です。

 

トレーニングプログラムの成功にとってプラスのストレスとマイナスのストレスを識別することが非常に重要で、前者は望ましいトレーニング適応を促進するのに対し、後者は低下させます。

 

大きな向上を達成しようと無理なトレーニングを続けると負荷が、過剰となり「オーバートレーニング症候群(OTS)」と呼ばれる徴候が起こります。

 

OTSは高強度トレーニング中に起こり、生理学的にも心理学的にも疲労や倦怠感を増大させ、感染症にかかりやすくなります。

 

トレーニング中、および競技中に本来の健康を維持することは極めて重要で、そのためにはアスリートとコーチが免疫系に関して概要を理解することは非常に重要です。

引用・索引NSCA JAPAN Volume21,Number1,pages57-61

 

ブログを最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

Nakajima整骨院 院長 中島裕之

フェイスブックこちら

ページトップ