MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > アスリートのパフォーマンスを促進し疲労を遅らせる方法(回復のためのグリコーゲン補給)とは

ブログ記事

アスリートのパフォーマンスを促進し疲労を遅らせる方法(回復のためのグリコーゲン補給)とは

2014.01.22 | Category: トレーニング

アスリートのパフォーマンス

パフォーマンス

a)回復のための栄養

グリコーゲン(糖質)は長時間にわたる中強度から高強度の運動中の主要なエネルギー源になります。

 

筋グリコーゲンの枯渇は疲労に直接関係します。

 

したがってあらゆるレベルのアスリートにとって、筋グリコーゲンの補給は、回復時間を早め、最高のパフォーマンスを維持するために極めて重要です。

 

特に1日に何回もトレーニングや試合を行わなければならないアスリートにとって、次の運動に備え、素早い筋の回復を図るために、グリコーゲンの補給は非常に重要です。

 

運動後に食事または軽食を摂取するタイミング、その内容及び量はアスリートのニーズだけでなく、運動の時間と強度、次のエクササイズセッションのタイミングにより変化します。

 

b)回復のためのグリコーゲン(糖質)量は?

現在、糖質(CHO)の1日あたりの推奨摂取量は、一般的なアスリートで5~7g/kg/日、持久系アスリートで7~10g/kg/日とされています。

 

運動直後は筋への血流量が増加し、インスリン感受性が高まっているため、アスリートは、運動直後にCHOを摂取することによりグリコーゲンの補給を加速できます。

 

その後24時間にわたり十分なCHOを摂取することも同じく重要です。

 

現在、推奨されている補給方法は、体重1kgあたり1~1.5gのCHOを運動後30分以内に摂取し、その後は2時間おきに6時間かけて摂取することです。
※体重50kgの女性(CHO 50~75g)
※体重70kgの男性(CHO 70~105g)

 

カフェイン摂取による筋肉痛・炎症を抑制し回復を促す(筋肉の最大収縮における疼痛を有意に軽減、炎症時に分泌されるアデノシンをカフェインがブロックすることで疼痛が軽減される)

引用・索引NSCA JAPAN Volume20,Number10,pages69-71

 

ブログを最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

Nakajima整骨院 院長 中島裕之

フェイスブックこちら

ページトップ