MENU TEL

ホーム > Blog > アスレティックリハビリテーション > 急性外傷の疼痛と神経系へのアイシング(ICEセラピー)の効果

ブログ記事

急性外傷の疼痛と神経系へのアイシング(ICEセラピー)の効果

2014.01.26 | Category: アスレティックリハビリテーション

急性外傷の疼痛と神経系

疼痛の原因とは?

疼痛は特異な科学刺激、浮腫による神経終末の圧迫、毛細血管損傷による局所的虚血などによって起こります。

 

また、反射的な筋スパズムによって起こる疼痛もあります。

 

局所的な筋スパズムは筋肉の虚血やその部位での代謝副産物を増加させ、これが結果的に疼痛を増加させ、スパズムと疼痛の悪循環を産みます。

アイシングの適用

外傷部位への速やかなアイシングの適用は、多くの潜在的利点があり、冷却することで局部的な麻酔効果があり、外傷や術後の疼痛を和らげます。

 

神経線維やレセプターの温度低下の直接的効果は疼痛閾値を上げることで、それにより疼痛は減少します。

 

疼痛は筋肉のコントロールや動きを大きく抑制し、選手の理学療法を行う大きな妨げになります。

 

また、疼痛を伴う浮腫(二次的低酸素障害、浮腫、毛細血管出血などを引き起こす)や反射的筋スパズムなど、疼痛と筋スパズムサイクルを悪化させる症状を抑えることで、間接的に損傷部位の疼痛を減少させることが出来ます。

 

更に、損傷後の速やかな冷却は、初期段階の出血や浮腫発現を減少させます。

 

外傷部位の冷却は、直接的に血管を収縮させる効果があり、また交感神経線維が興奮することで反射的に血管が収縮させ、更に温度低下には血液粘度も増加させ血液凝固も促進させます。

引用・索引アスレティックトレーナーテキスト

 

ブログを最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

Nakajima整骨院 院長 中島裕之

フェイスブックこちら

ページトップ