MENU TEL

ホーム > Blog > アスレティックリハビリテーション > 競技・試合直前の食事のタイミング・インスリンショックを防ぐには

ブログ記事

競技・試合直前の食事のタイミング・インスリンショックを防ぐには

2014.02.04 | Category: アスレティックリハビリテーション

競技とインスリンショックとは

インスリンショック

高糖質食

高糖質食を摂取した場合に、血糖値が摂取前までに回復する(体内に十分に取り込まれた状態に達する)状態には2時間程度かかります。

 

したがって、試合前の食事は試合開始3~4時間前までに摂取するように設定します。

 

1日に数試合(特に学生等)ある場合には、3~4時間空ける事ができなければ、食後少なくとも2時間は空けるようにし、これも難しければ試合開始の30分前から直前の間に吸収の早いブドウ糖、しょ糖、はちみつ、あめ、果物または、果汁などを摂り、血糖値が低下していない状態にしておくようにすることが大切です。

 

ただし、試合開始前の過剰な糖質摂取は逆に血糖値を低下させる(インスリンショック)こともあるために摂り過ぎは禁忌になります。

 

サッカーなど、ハーフタイムなどがある場合には、水分補給と同時に糖質摂取も非常に重要です。

引用・索引アスレティックトレーナー教本

コンディショニングのスポーツ栄養学

コンディショニングのスポーツ栄養学
価格:2,730円(税込、送料別)

 

ブログを最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

Nakajima整骨院 院長 中島裕之

フェイスブックこちら

ページトップ