MENU TEL

ホーム > Blog > トレーニング > 競技選手におけるピリオダイゼーションの重要性(生理学的、器質的、神経学的適応)

ブログ記事

競技選手におけるピリオダイゼーションの重要性(生理学的、器質的、神経学的適応)

2014.02.15 | Category: トレーニング

トレーニングプログラムのバリエーション

トレーニングバリエーション

競技を行う選手には、トレーニング全体の時期区分や周期に応じてトレーニングの特異性、強度、量に対して、変化をもたらせる必要があります。

 

このプログラムデザインに関する特別な方法をピリオダイゼーションと呼びます。

 

選手は、同一のプログラムの実施が長期に及んでくると、改善率が低下したり、わずかな進歩しか見られなくなり、最終的にはパフォーマンスのプラトー化や低下が生じ、オーバートレーニングの兆候(トレーニングストレス)が見られるようになります。

 

ピリオダイゼーションはトレーニングストレスに対し重要な役割を果たします。

 

トレーニングストレスの応答

⑴ショック期または警告期

身体が新奇あるいは日常レベルを超える強いトレーニングストレスを受けると、最初にショック期、または警告期と呼ばれる反応が生じます。
この局面は数日から数週間続き、極度の筋肉痛を起こしたり、筋肉が硬くなり、パフォーマンスも低下します。

⑵抵抗期

この局面における身体内では様々な生理学的構造的、神経学的適応が生じます。
※いわゆる超回復という時期に相当します。

⑶疲憊期

 

大きなストレスが長期にわたって継続すると、この局面に入ります。
もし、この時期にトレーニングに変化がなかったり、トレーニング刺激が強すぎたりすると、トレーニングに対する単調感が増大し、進歩が停止(プラトー)したり、パフォーマンスが低下(スラランプ)、あるいはオーバートレーニングに陥るといった適応障害が生じます。

引用・索引ストレングス&コンディショニング1理論編

 

ページトップ