MENU TEL

ホーム > Blog > 投球障害治療 > インピンジメント(野球肩)を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ)

ブログ記事

インピンジメント(野球肩)を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ)

2015.04.28 | Category: 投球障害治療

インピンジメントを抑えながら棘上筋を鍛えるには

インピンジメントに対する棘上筋トレーニング

棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑える

棘上筋は関節窩において上腕骨を安定化させ、また三角筋とともに外転を助けます。

 

※棘上筋は、棘下筋、小円筋、肩甲下筋とあわせてローテーター・カフと呼ばれます。

 

外転および屈曲時に棘上筋腱が烏口肩峰弓と上腕骨大結節の間で圧迫されることから、機械的圧迫により棘上筋はインピンジメントを起こしやすくなります。

 

ローテーター・カフの筋力不足、また障害のために上腕骨が上方に移動すると、肩峰下腔(烏口肩峰弓の下にある領域)は狭くなります。

 

インピンジメントを抑制しつつ棘上筋を強化して肩関節の安定性を向上させることは、オーバーヘッド動作を行うアスリートにとって非常に重要なことになります。

 

投球障害予防トレーニングプログラムを選定する上で考慮すべきこと(片側性動作とオーバーヘッド動作)

棘上筋強化エクササイズ

棘上筋は安定性をもたらすうえで重要であり、なおかつインピンジメントを起こしやすいことを考えた場合、適切な強化エクササイズを選択することが重要になります。

 

リハビリテーションにおいて、今までは、棘上筋を強化するのに最も適したエクササイズは「エンプティカン(Empty Can:EC)エクササイズ」であると考えられていました。

 

エンプティカン(Empty Can:EC)

ECは、肩関節の内旋を保持しながら腕を肩甲平面上(前額面の30°前方へ)で90°挙上する動作になります。

 

しかし、ECを行うと「肩関節に痛みを感じる」とアスリートや患者は訴えることがあり、この痛みは、肩峰下腔の狭小化によって生じる機械的圧迫とインピンジメントに起因すると考えられます。

 

ECに伴う痛みへの懸念から、研究者はECには、内旋ではなく「外旋」の状態で腕を挙上する修正エクササイズを提案し、これを「フルカン(Full Can:FC)エクササイズ」といいます。

 

「フルカン(Full Can:FC)」

FCは、肩甲骨を外旋させながら、腕を肩甲平面上90°外転させる動作をいいます。

 

FCは棘上筋を効果的に鍛え、なおかつ肩峰下腔の狭小化を抑えて機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐものであることを最近の研究では裏付けられています。

 

そのため、棘上筋の強化エクササイズでは、ECよりもFCを用いることがよいとされています。

 

野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する)

 

ローテーターカフの疾患(肩甲骨外転を伴うGH関節の最大外旋位はGH関節の上後部における棘下筋と棘上筋の圧迫により内部インピンジメントを引き起こす)

 

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

 

野球肩の機能解剖と評価・肩関節複合体

引用・索引 NSCA JAPAN Volume20 Number8 page61


ページトップ